カテゴリー「Movie」の75件の投稿

2018年8月11日 (土)

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー ディズニー

とても面白かったです。
物語は前作直後からの展開です。
今回はイラスティガールが
ヒーローの復権のため活躍します。
そこには裏があり最後はファミリで
立ち向かいます。
基本は前作と同じような構成を持ちますが
それぞれが魅力的でとても良いです。
他者と異なるパワーを持つために
制限がかけられるヒーロー。
ヒーローと関わりをもったため
悪者に転向してします人。
破壊を防ぐための損害。
世界の均衡を保つことは難しいです。

2018年4月29日 (日)

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー MARVEL

とても面白かったです。
ほぼ途切れなくアクションが続いていき
怒涛のごとく物語を推し進め
宇宙の半分が沈黙に落ちていきます。
ドクターストレンジの熟考の結果だと思われますが
今に身を置くものは戦いの終わりに
絶望に身をゆだね、
サノスのみが心静かな世界に入ります。
それぞれのメンバが自らの思いと力を
放していきますが圧倒的な力を目にします。
アイアンマン ハルク キャプテン ソー スパーイダーマン
それぞれに活躍の場を見せます。
ビジョンとスカーレットの遣り取りも良いです。
ガーディアンズのメンバも登場し
面白い味わいが出ています。
ラストはミズマーベルのマークで
次回を待つことになります。
(2017.04.27)

2018年2月20日 (火)

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン HP

とても良かったです。
歌われる音楽が躍らせ
想いを掴み気持ちを昂ぶらせます。
熱い心を持たせてくれます。
(2018.02.18)

2017年12月27日 (水)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

面白かったです。
カイロ・レンとレイは惹きつけあい対峙し
それぞれの道を選択します。
ルークもフィンもローズも
それぞれ自ら行先を選んでいきます。
多くの犠牲のもと前へ進みます。
これらが どう収束するか
次が楽しみです。

ファースト・オーダーの最高指導者は
ジェダイの復讐の帝国皇帝のように
あっさりやられてしまいます。

ヨーダが出てきます。
少しほっそりしたと思っていたら
フランクオズでマペットでした。

ルークはヨーダと同じように
旅立ってしまいます。

2017年9月 3日 (日)

ワンダーウーマン

ワンダーウーマン HP

面白かったです。
ワンダーウーマンが
正義と愛を胸に活躍します。
圧倒的な力を有します。
ただ戦争に対してはその力も限定的です。

スーパーマン・バットマンからの繋がる
DCの世界です。
バットマン vs スーパーマンで
ちょっと登場した写真の逸話になっています。

ドイツ帝国が悪者扱いすぎるのと
アレスが長くに渡り生きてきたわりに
以外にあっさりやられてしまいます。

主演のガル・ガドットの自国での行為に
関する記事を見ました。
小説でも作者の行為を見たり
意図を聞いたりすると
その影響を受け印象が
変容することもあります。

連なるDC映画シリーズで
この作品は上手くいってる感じです。
(2017.08.27)

2017年8月14日 (月)

スパイダーマン ホームカミング

スパイダーマン ホームカミング HP

面白かったです。
今回からはアベンジャーズと世界を
共有しています。
自らのミスで大きな被害を出して
収めてしまっています。
スパイダーマンの誕生情況や
おばさん(おじさん?)の悲劇も
軽く説明されているだけですが、
その分ピーターの様子が
上手く表現されて成長が見えます。
敵と車内で対峙するとこは
緊張感に溢れ良い感じです。
MJも出てきて次回作も期待しています。
(2017.08.11)

2017年5月13日 (土)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス HP

とても面白いです。
テンポが良く音楽と映像がマッチしています。
それぞれに見せ場があり良い感じです。
ヨンドゥのアイスラッガー装着してからの
行動はとてもクールです。
ベビー・グル-ドは可愛いです。
おまけの映像では生意気に
変わってしまっています。
姉妹の方は上手く収まりますが、
父子の方は神話で行われる行為が
継承されています。

ガーディアンズもアベンジャーズの方に
参戦みたいで 楽しみです。

2017.05.12

2017年4月30日 (日)

無限の住人

無限の住人 HP

映画としては面白いですが、
リピートして見るのはしんどいです。
人が倒れすぎて
痛くて気持ち悪く
基本登場人物が下衆です。
木村拓哉演じる万次は、
剣術そのものは劣り、
不死であるアドバンテージで
最終的な勝利を収めています。
不死である期間もまだ50年で
少しだけ長寿である範囲なのに
少し悩みすぎです。

舞台挨拶のライブビューイングは
それぞれ個性があり面白かったです。
(2017.04.29)

2017年3月17日 (金)

SING/シング

SING/シング

とても面白かったです。
吹き替え版を見ました。
ストーリー展開は見えるのですが
ラストのライブの歌は
とても気持ちを昂ぶらせます。
みんなとても素敵です。
パート2が作られるそうです。

2017.03.17

2017年2月12日 (日)

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち HP

とても好きな作品です。
ティム・バートンの雰囲気が
良く出ています。
Boy Meets Girlのお話と
言えばそれまでですが、
とても心地よくさせてくれます。
少しだけ異端で疎外された者の
彼の嗜好が上手く出ています。
船が海中から出航する姿は
画的にとても良い感じです。
色々突っ込み箇所もありますが
良かったです。
(2016.02.04)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa