カテゴリー「PerformancE」の15件の投稿

2016年10月18日 (火)

トーテム

トーテム HP
2016.10.17

とても良かったです。
鍛えられた肉体から繰り出す演技を
間近に見ると凄いの一言です。

コントーションは身体の柔軟性を使った演目で
どこが手で足で身体全体が分からなくなって
しまいます。

フィックスト・トラピス・デュオは
男女が繰り広げる空中ブランコです。
ありえないような点とバランスで
見せてくれます。

マニピュレーションは
ジャグリングですが円錐の容器の壁を
使い光るボールがいいアイデアです。

ローラスケートは二人がすさまじい回転
で動きます。男性の回るたびに
足元の変化がカクカクとなるので
狭い空間での回転が難しいのがわかります。

ユニサイクル・ウィズ・ボウルは
一輪車でボールの受け渡しを
するのですが1回だけ下に
落ちることがありましたが
それでも息のぴったりの感じが
伝わります。

ロシアンバーとカラペースは
進化した平均台と鉄棒です。
ぶつかることなく行き来します。

リングス・トリオは客席の
上の方まで演者が飛んできます。

フープダンサーはフープで
鳥やワニなどを表現したりしています。

2015年3月15日 (日)

Electrodaemonium Toma

Electrodaemonium Toma HP

エキセントリックな味わいがあるパフォーマンスです。
手まわいオルガンに太い声で歌い上げ、
エレクトロマチルダ(しんさん?)の
パーカッションが沿います。
ちょっと変わっていて楽しい感じです。

2014年9月 2日 (火)

口笛 柴田晶子

六甲オルゴールミュージアム HP
柴田晶子 HP

六甲オルゴールミュージアムで
柴田晶子さんの口笛コンサートを観ました。
とてもよかったです。
久石譲の楽曲と「口笛吹きと犬」を
オルゴールとともに奏でてくれました。
高音まで響く口笛の音色、
マリオネットを使用したパフォーマンス
また機会があれば聞きたいです。
(2014.08.30)

2013年4月 6日 (土)

ルネ・ミッシェル

ルネ・ミッシェル

フランスのアコーディオン演奏家の
パフォーマンスをみました。
とても良かったです。
流れるような旋律に力強く響く感じに
気持ちを躍らせてくれます。
クラリネット奏者の中村真美さんとの
共演もあり短い時間ですが
とても楽しめました。

2013年3月31日 (日)

to R mansion

to R mansion HP
「無礼講 Break"0"」 大阪公演

to R mansionの神戸でのパフォーマンスを見てきました。
メインの前はお客さんと一緒のパフォーマンスで
楽しませてくれます。
メンバーは4人になっています。
基本構成は同じで映画のパロディですが、
とても面白いショーです。

2013年3月 3日 (日)

明石家さんまプロデュース Part. 17

今回もコントだけ…しか出来ません!!
49歳の女に「孤独死が、恐い」と言われ
「見つけたこっちの方が、恐いわ」と言ってしまいましたSP

3/2(土) 夜の部 19:00~22:15
前回から 少し間が空きましたが、
20週年17回目の舞台となります。
舞台を見に行くのは7回目になります。
面白くいっぱい笑わしてもらいました。

続きを読む "明石家さんまプロデュース Part. 17" »

2012年1月18日 (水)

to R mansion 「無礼講 Break"0"」

to R mansion HP
「無礼講 Break"0"」 大阪公演

to R mansionの舞台でのパフォーマンスを見てきました。
とてもよく、野外でのパフォーマンスとは
また少し違った感じで楽しめました。
構成は、フランスでの公演の様子のビデオ15分ぐらいに
メインが60分ぐらいの割合でした。
野外でよくやる映画ネタは控えめです。
静と動の動きに笑いが入り 大人も子供も喜んでいました。

2011年11月20日 (日)

ドリカム ワンダーランド 2011

ドリカム ワンダーランド 2011

台風で流れたドリカム ワンダーランド 2011の
振り替え公演 京セラ2日目に行きました。
場所はスタンド上段でかなり小さくしか見えないですが、
その力強いパワーにとても感動しました。
オープニングは「何度でも」
そして「朝がまた来る」と強く激しく歌声が響きます。
このあと何回か使用される宙ずりも披露され、
吉田美和がお客さんの上を舞います。
「うれしい!たのしい!大好き!」ではドーム全体を
グルグルと飛び回り みんなに応えてくれていきます。
アリーナを囲む花道を使用してドリカムの二人が動き回ります。
特に吉田美和は「Ring!Ring!Ring!」では自転車にのったり
ラストの「またね」では全力疾走をします。
ブラスバンドと共演した音つくり
ダンスパフォーマンス
いっぱい楽しませてくれます。
声を張り上げ歌い 最後のほうは若干嗄れ気味になっていました。
バックボーカルの浦嶋りんこも響く歌声でよかったです。
「あの夏の花火」ではドームで花火があり嬉しくなります。
歌って・踊って・走って 気持ちが激しく伝わり
暖かくしてくれて ありがとうです。

入場は雨もあり ドームの座席もわかりにくくちょっと手間取りました。
退場は制限がかかり少し時間がかかりましたがポカリスエットが
配られていました。
駅はめっちゃ渋滞していて 電車も満員状態でした。

残念なのは少し音響が悪かってことで
中低音の調整が悪く感じました。
途中 ハウリング起こすとこもあり
全体に良かっただけに残念です。

2011年10月10日 (月)

to R mansion

to R mansion HP

神戸でのひさしぶりの公演を見ました。
以前見た題材と同じものもありますが
アレンジを少し変えて演技をしています。
輪投げ・ぶたの調教・映画(ロッキー)・
透明人間が行われ 楽しく見ました。
前回より短い時間のパフォーマンスが
少し残念な感じです。
大阪で来年「無礼講 Break“0”」が
あるようなのでタイミングがあえば
行ってみたいです。
(2011.10.2)

2011年3月30日 (水)

明石家さんまプロデュース Part.16

明石家さんまプロデュース Part.16
『今回もコントだけ?』 
あやふやなままで・・・まさかあいつまでSP
3/26(土)2回目の部19:05~22:00

今回も笑わせてもらいました。

構成と感想
覚書で内容はまとまっていないです。

続きを読む "明石家さんまプロデュース Part.16" »

その他のカテゴリー

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa