カテゴリー「BooK」の558件の投稿

2017年9月 3日 (日)

和菓子の歴史

和菓子の歴史
青木直己

とても興味をもって読めました。
元虎屋に居られた方が書かれた本です。
和菓子が時代・季節により
どのように楽しまれてきたか
少しだけ見えてきます。
五感を震わすように創作されてきた
お菓子が食べたくなってきます。

2017年8月26日 (土)

ぼくの宝物絵本

ぼくの宝物絵本
穂村弘

MOEに連載され書籍化されたものの
文庫化されたものなので
やはり図版は小さくなりますが
絵本の面白さが伝わってきます。
絵本は楽しいのですが
機会等がなかなか難しいです。

2017年8月20日 (日)

バベルの塔展 図録

バベルの塔展 図録

バベルの塔の等身大ポスターが付いています。
展示会外の大友克洋さんの内部描写は
図録内にありません。

2017年8月14日 (月)

美少女美術史

美少女美術史
人々を惑わせる究極の美
池上英洋

小さな大人から子どもへの認識、
それに伴い少女へ
画家および世間がどう捉えてきたかを
多くの図版とともに記しています。
無垢で儚く残酷で可憐な姿が
表現されています。
美術史一連のシリーズですが
テーマを絞り見ていくことで
興味深く読めます。

2017年7月24日 (月)

星界の報告

星界の報告
ガリレイ ガリレオ
訳 伊藤和行

ガリレオが望遠鏡を使用し
月の表面 木星の衛星を
報告した書物です。
当時の状況からすると画期的なことで
ガリレオの熱さが伝わります。
木星の衛星に関し、
延々と細かい動きを記しています。
観察により自然の事象を検証します。
薄い本ですが面白く読めます。

2017年7月17日 (月)

河鍋暁斎図録

河鍋暁斎図録

河鍋暁斎展の図録です。
結構なボリュームがあります。

アルチンボルド図録

アルチンボルド展の図録です。
混沌とした様子を
じっくり見れます。

2017年6月18日 (日)

がん 4000年の歴史

がん 4000年の歴史
シッダールタ・ムカジー(著)
田中文(訳)

医師、患者それぞれに
内からの癌と向かい合う様子が
描かれています。
圧倒的力に押しつぶされる戦いもあり
また人身御供のように消費されることも。

おそらく人として種が確定した時から
刷り込まれているコード癌に対する
人の対応を読み解いていっています。

作者自身も癌に向き合う医者なの
真摯に言葉が伝わってきます。
とても興味深く読むことができます。

癌に対応する手段別に記載されるため
それぞれの時間軸を
よく把握する必要がありますが
どんどん読ませてくれます。

2017年5月13日 (土)

江戸の春画

江戸の春画
白倉敬彦


とても興味深く読めました。
春画がどのような形態で出され
どのような傾向があるか
全般が理解できます。
性の捉え方に関しては、
そぐわないと思うとこもありますが、
このような捉え方もあるのだと
感じました。

2017年4月19日 (水)

風雲のヤガ

グイン・サーガ141
風雲のヤガ
五代ゆう

一方の少女は憎しみのあまり
自らを焼き尽くしてしまいます。
も一方の少女はその痛みを傷を
これからもずっと抱えていくことを
誓います。

ヤガではめまぐるしく展開していきます。
もののけ姫のディダラボッチみたいな
者も出てきます。

ラストは狂乱の中、降臨が始まり
物語を後へ続けます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa