« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の6件の投稿

2018年3月25日 (日)

パラノイア創造史

パラノイア創造史
荒俣宏

偏執病 狂気に囚われた人々の
展覧会されている本です。
狂気と正気の境目は溶け合い
狂気に浸る本人からは
それが正気であり
外界が狂気に変異します。
それぞれのエピソードは短いですが
興味深く読むことができます。

2018年3月18日 (日)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション図録

至上の印象派展の図録です。
ビュールレ・コレクション
解説など含め興味深く読めます。

至上の印象派展

至上の印象派展
ビュールレ・コレクション HP
国際新美術館 HP

印象派を中心にゴッホやピカソの展示されています。
マネの若い女 ドガのブロンズ像などが
特に印象に残りました。
ルノワールのダンヴェール嬢は
展示が少し離れ細部までは見にくかったです。
ゴッホの種まく人や二人の農婦など
ミレーとのかかわりが分かり面白いです。
ラストは大きめのモネの睡蓮があり
ここは写真可能です。

2018年3月14日 (水)

ギレルモ・デル・トロのシェイプ・オブ・ウォーター

ギレルモ・デル・トロのシェイプ・オブ・ウォーター
混沌の時代に贈るおとぎ話

映画シェイプ・オブ・ウォーターの
メイキング本です。
フィッシュマンと人と物語が
どのようにして生まれて
バックグランドはどうなのか
とても面白く読むことができます。

2018年3月 4日 (日)

歓待について

歓待について
パリ講義の記録
ジャック・デリダ
 アンヌ・デュフールマンテル
 廣瀬浩司訳

講義の抜粋の形をとっており
リズムがあるような本になっています。
興味深く読むことができます。
応えることができる異邦人
応えることができることは そこに何らかの疎通があり
しかし絶対的な歓待は 無条件の受諾を求め
齟齬を常に孕む状態になります。
WEBで繋がる自由が検閲を生み出し
分断制約が発生します。
いつもの物語を解体 脱構築する物語は
様々な側面を照らし出します。

駿府城

駿府城公園 HP

東御門 坤櫓 紅葉山庭園
坤櫓ではMRで「坤櫓タイムトリップ
ー坤櫓の匠(構造)に迫るー」を体験し
短い時間ですが面白かったです。
紅葉山庭園の小山は茶色の色合いでした。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa