« Hitnrun Phase Two | トップページ | ケイロンの絆 »

2016年5月 1日 (日)

妖怪の宴 妖怪の匣

妖怪の宴 妖怪の匣
京極夏彦


怪で連載されているものからの
第2段になります。
とても興味深く読むことが出来ました。
構成は3部構成になっています。

 0妖怪の周辺を回ってみる
 1化け物について考えてみる
 2幽霊について考えてみる

最初は全体を 妖怪に関わることを
話す前章になります。
次は化け物についてです。
その言葉が辞書の内容からなど
裏付けていきます。
テレビで見た本当にすごい
羨ましい京極さんの本棚を思いだし
多くの文章を背後に持っているのが
わかります。
そして幽霊についてです。
説明できない幽霊を
既にあるとして それを元に
成す対象には厳しい感じで
接しているように思えます。

水木先生への追悼が最後にあります。

巻末は妖怪年表です。

表紙のイラストは京極さんの先生だった
福田好孝さんが描いていますが
なかなかいい感じです。

« Hitnrun Phase Two | トップページ | ケイロンの絆 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪の宴 妖怪の匣:

« Hitnrun Phase Two | トップページ | ケイロンの絆 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa