« 誤解だらけの日本美術 | トップページ | シュメール神話集成 »

2016年1月30日 (土)

しぐさで読む美術史

しぐさで読む美術史
宮下規久朗

面白く読めました。
前の本と同じように
西洋美術のしぐさに関する
約束事を様々教えてくれます。
多様な言語が使用され、
キリスト教が主を閉める欧州では
必然だったのでしょう。
日本も能などポーズで決め事が
ありますが、絵の方への反映は
少なく思えます。

« 誤解だらけの日本美術 | トップページ | シュメール神話集成 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しぐさで読む美術史:

« 誤解だらけの日本美術 | トップページ | シュメール神話集成 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa