« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の7件の投稿

2015年1月31日 (土)

ベイマックス

ベイマックス(2015.01.31)

面白かったです。
主人公のヒロが兄タダシの影響を受けて、
場末のロボットファイトから大学を目指します。
でもその途中においてタダシが事故で亡くなります。
そこからヒロがベイマックスと仲間により
立ち直り自分を取り戻すヒーローものです。
ベイマックスの形態・動きが
とてもユーモラスで楽しませてくれます。
仲間たちもそれぞれ特徴を生かして
見せてくれます。

オープニングは短編アニメの愛犬とごちそうが
上映されます。
エンディングはフレッドとその父の
ちょっと不思議な話です。

ピクサー流創造するちから

ピクサー流創造するちから
小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法
エド・キャットムル

とても面白かったです。
CGの世界の立ち上がりから
ルーカスフィルムをえて
ピクサーの社長となり、
今現在はディズニーアニメーションも
統括する立場になった彼エド・キャットムル
が表したビジネス書です。
ピクサーの映画がどのようにして
作られてきたかを見ていくだけでも
面白いです。
作品を作る 会社を動かすことにおいて
創造性が損なわれないように
育て 未熟なものを出すことを恐れず
それへ足りないものを指摘し
それに応えていく形を
今も変化しながらさらに良い方向へ
向かわそうとしています。
またスティーブ・ジョブスが
如何にピクサーの支えとなったか
描かれています。
とても良い本でした。

2015年1月18日 (日)

平井和正

平井和正先生がお亡くなりになったと
今日記事を見かけびっくりしました。
ウルフガイ・幻魔対戦シリーズが好きで
読んでいました。
月光魔術團ぐらいの後の
電子ファイル先行あたりから
ちょっと読むのに滞り、
幻魔大戦deepやトルテックなど
読んでみたいと思っていたものも
いまだ手つかずになってしまっています。
とても悲しく寂しい思いです。
今は平井和正先生のご冥福をお祈りします。

相棒展Premium3

相棒展Premium3 HP

ドラマ相棒の展示です。
実際に使用された小道具などを
専用携帯で指示を受けながら
見ていきます。
TVで見たものがあったりして
面白く楽しめます。」

残酷美術史: 西洋世界の裏面をよみとく

残酷美術史: 西洋世界の裏面をよみとく
池上 英洋

官能美術史と同じ作者の本です。
死に纏わる絵画がメインで紹介されています。
人の力が及ばず、ランダムにくる
それへの諦めた気持ち、
他者に対してどこまでも
無慈悲になれる人の闇を
画家たちがどのように捉え
描いていったかを紹介しています。
またその時代での状況・事件への
写しを見せています。

2015年1月12日 (月)

官能美術史ヌードが語る名画の謎

官能美術史ヌードが語る名画の謎
池上 英洋

カラーも豊富で、読みやすいです。
性 エロスに関わる題材を
どう表現いていき、
それの描かれた時代に
どのような状況であったかを
解説してくれています。

えどさがし

えどさがし
畠中恵

しゃばけの外伝になります。
若だんなは直接出ることは無く
親分のおかみさんにいたっては
脇役とも言い難いです。
それでも それぞれの生活を
大切に過ごしている様子が
描かれ良い感じです。
えどさがしは時代が明治になり
追いやられた街中で
再会を心待ちしている姿が
切なくします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa