« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の11件の投稿

2014年12月30日 (火)

ZETMAN 20

ZETMAN 20
桂 正和

一応ZETMANのラストになります。
マーベルでもヒーローが
ヒーローで居れなくなった時代です。
報われることは無く
こころを持ち続けることは
計り知れなく苦難となります。
彼の戦いは 今だ終わらず
新たなステージが待っています。

坂本ですが? 1

坂本ですが? 1
佐野菜見

面白かったです。
我道を行く感じで
それが結果周りを動かし
変えていきます。
無駄に身体能力などが
高いのが楽しいです。

ひなこまち

ひなこまち
畠中 恵

助けを求める木片が若だんなに届きます。
それに応えたい、誰かのためになりたい、
そんな若だんなの思いを乗せ
物語が語られます。
話の中では落語話がいいです。
面白く読めました。

大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム

大人の科学マガジン
新型ピンホール式プラネタリウム

きちっと隙間を塞ぐのが難しいですが
全面に星が広がりなかなか良いです。
付属の本も面白く読めます。

有閑みわさん10

有閑みわさん10
たかの宗美

みわさん10冊目です。
すでに夫婦なので関係に
大きな変化はないですが
みわさんの創作グッズは
面白いです。

2014年12月20日 (土)

しゃばけ漫画

しゃばけ漫画

仁吉の巻
◆高橋留美子/屏風の中
◆みもり/仁吉の思い人
◆えすとえむ/月に妖
◆紗久楽さわ/きみめぐり
◇鈴木志保/ドリフのゆうれい
◆吉川景都/星のこんぺいとう
◆岩岡ヒサエ/はるがいくよ

佐助の巻
◆萩尾望都/うそうそ 箱根の湯治についての仁吉と佐助の反省談義(ミーティング)
◆雲田はるこ/ほうほうのてい~落語「千両みかん」より
◆つばな/動く影
◇村上たかし/あやかし帳
◆上野顕太郞/狐者異
◇安田弘之/しゃばけ異聞 のっぺら坊嬢
◆柴田ゆう/しゃばけ4コマ

しゃばけの漫画です。
色々な方が書いています。
高橋留美子先生のファンなので
これが一番ですが
どれも面白く読めます。
◇は直接しゃばけを扱っていなく
トリビュート作品です。
仁吉の方は切なくほんわかした感じで
佐助の方は疎外されたものの話が多いです。

赤の女王 性とヒトの進化

赤の女王 性とヒトの進化
マット・リドレー
訳:長谷川眞理子

なかなか面白かったです。
赤の女王はアリスからですが、
遺伝子・生物が赤の女王の立場にあり
自らの拡大・変化を競っていくのに
性という戦略がいかに影響しているか
それは人に対してもなされていて
行動がそれに負っているかを説明しています。
情報・環境それそれがせめぎ合い
様々な形態を生み出しているようです。

これらがすべて正しいとは思わないですが
性の遺伝子の影響を多分に受けていて
そのための脳の拡大もあると
ただ脳も遺伝子からの反逆を
しているようにも感じます。

情報の拡大・変化が目的ならば
生物という形からの脱却もあるかなと
想像してしまいます。

:

神戸ルミナリエ

今年のルミナリエは
寒いので早めに並んだところ
4:30の点灯になりました。

Img_9456

Img_9470

人から見た目通りに上手く撮れていませんが
周りは明るいですがもっと光って良く見えます。

2014年12月 7日 (日)

関西の本当においしいパンケーキ&スイーツ

関西の本当においしい
パンケーキ&スイーツ

もっと他の店もありますが、
見てて美味しそうです。

OLはとぽっぽ 2

OLはとぽっぽ 2
たかの宗美

OLはとぽっぽはこれで最終巻になります。
予想通り、鳩は頭から外れますが、
それでも身近に住むことになります。
また彼と別れますが その後を予感させ
ほのぼのとした感じに終わります。

ジョジョの奇妙な冒険 38 39

ジョジョの奇妙な冒険 38 39
荒木飛呂彦

吉良吉影による犠牲者は増え、
対峙するも、あと一歩のところで
取り逃がしてしまいます。

緊張感を煽っていき面白いです。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa