« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の11件の投稿

2014年10月26日 (日)

金髪女将 綾小路ヘレン 3

金髪女将 綾小路ヘレン 3
たかの宗美

女将ヘレンの活躍は
3冊目になります。
明るく楽しく仕事していて
楽しいです。
個人的には息子の学校
エピソードをもっと出して欲しいです。

木梨憲武展公式作品集

木梨憲武展公式作品集

木梨憲武展の公式作品集を購入しました。
展覧会の様子を思い出せます。
実物の展示に対し、細部を見れないのと
立体アートは当然ですが
ペイントも立体的に塗り込まれていたり
貼られてたりいしているのが
判別しにくい感じになります。

木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心

木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心
公式サイト

木梨憲武展に行ってきました。
とても良かったです。
ポジティブな表現が
こちらの気持ちを楽しくさせてくれます。
ペイント・素描・立体アートと
さまざまな展示がしてあり、
面白く見ていけます。

ジョジョの奇妙な冒険37

ジョジョの奇妙な冒険37
荒木飛呂彦

吉良の手により重ちーが
倒されてしまいます。
吉良からの愛する両親への
攻撃から守るため、
命をかけて吉良のボタンを
届けます。

2014年10月19日 (日)

解説 徒然草

解説 徒然草
橋本 武

面白かったです。
全段では無いですが、
徒然草を眺めなおして、
吉田兼好のその時代での現状批判、
一方では納得され面白がられ
もう一方では疎まれるような
そんな雰囲気が良く伝わります。
訳・解説は灘校の橋本 武先生です。
吉田兼好の視線、
橋本 武先生の視線の
重なる部分 異なる部分が
わかりやすく解説されています。
イラストは永井 文明:さんが
書かれていて3者の見方が
また 面白いです。

2014年10月12日 (日)

PINCE

ひさしぶりのプリンスのアルバムです。
それも2枚まとめて出ています。
ネットなどで配信などありましたが
個人的には手にとって聞けるのは嬉しいです。

Prince
Art Official Age
個人名義でのアルバムです。
ネットで聞いた曲もありますが
気持ち良くさせてくれます。
プリンスらしいリズムですが
それでいて今も感じさせてくれます。

Prince & 3rdeyegirl
Plectrum Electrum
女性ユニットとのアルバムです。
プリンス以外もボーカルをとっており
インストも入っています。
どちらかといえばロックよりの感じです。

ビルボードでは初登場5位と8位に
ランクされていました。

続きを読む "PINCE" »

ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋

ギレルモ・デル・トロ 創作ノート
驚異の部屋
  ギレルモ・デル・トロ

まだ文章は全部読み切っていないですが
とても興味が持てます。
絵・写真を見るだけで ギレルモ・デル・トロの
驚異の部屋の一部を感じることができます。
世界の解読・分解・構築
彼の働きかけで 作品が生まれていったか
本当に面白く読めます。

ちおちゃんの通学路 1

ちおちゃんの通学路 1
川崎直孝

ゲームマニアのちおちゃんが
基本通学していくだけの話ですが、
とても楽しく読めます。
アサシンのように家の上を渡り、
ちょっと慣れない人と話すのを
避けるためターン行動、
暴走族に事実を語りながらも
それが相手への捉え方により
恫喝となり、
スパイのように追跡していく、
それぞれ面白いです。
どこまでマンネリ化せずいけるか
今後に興味が持たれます。

身体巡礼: ドイツ・オーストリア・チェコ編

身体巡礼:
ドイツ・オーストリア・チェコ編
養老孟司

養老孟司さんがドイツ・オーストリア・チェコを
墓を中心に見て回り、身体・死を
どう捉えているかを考察しています。
ヨーロッパの墓が故人の遺影など
その本人がわかるようなアイコンがあるのに対し、
仏様として祭り上げる状態になる日本の墓、
重複的に構築されるユダヤの墓
その向き合い方の違いに興味が持たれます。
欧州の遺体の心臓・骨を
どのように対応してきたかなど
様様なことが書かれ
とても 面白く読めました。

ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険
荒木飛呂彦

32巻
山岸由花子がストーカーのように行動する話です。


34巻
岸辺露伴の登場です。


35巻
杉本鈴美の登場です。
この町での敵の姿が垣間見えます。


36巻
ハーヴェストがでてきます。
吉良吉影の登場です。

金刀比羅宮

金刀比羅宮 HP

階段でへとへとになりました。
奥社まではあきらめました。
御本宮です。
Img_9334



善通寺 HP

御影堂の戒壇めぐりを体験しました。
暗闇の中を歩いていく感じは
身体の感覚を消失させてきます。
樹齢1000年を超えるクスノキです。
Img_9342

頭の上にカラスがとまっていたので
Img_9347



中津万象公園・丸亀美術館

日本庭園です。
横に広がった松です。
Img_9352
(2014.09.22)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa