« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の9件の投稿

2014年9月21日 (日)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー HP

とても面白かったです。
ノリの良いサウンドに乗って
それぞれのキャラが際立って
楽しいです。
アベンジャーズともちょっとだけ
繋がっています。

2014年9月 7日 (日)

TeNQ

TeNQ HP

東京ドームシティ内にある
宇宙をテーマとした施設です。

・トンネル0(暗い通路です)
・はじまりの部屋
 (書庫をイメージとしたプロジェクションマッピングです。
  宇宙に関わる研究や開発など、
  目まぐるしく変わっていきます。)
 
・シアター宙
 (円形の大きな穴(ディスプレイ)を覗きこむ感じで、
  地球や宇宙の姿を写していきます。
  なかなかの迫力でよいですが、
  下を見る状態で体験するのが少しだけ残念です。
  理想を言えば壁も天井も映し出さられ
  難しいと思いますが、包まれる感じが欲しいです。)
・サイエンス(イトカワ・火星に関わる展示があります。)
・イマジネーション(様々な体験ゾーンです。)
・つながる場所(写真が撮れます)

まぁまぁ面白いのですが、
料金から見ると科学未来館などに比べ
かなり割高感があります。

シャーマンキング16

シャーマンキング16
ジャンプ・リミックス
武井宏之

以前もでた廉価版の再販です。
前は読めなく、今回やっと、
今さらですが完全版ラストを読めました。
収まる形にまとまり、
良い感じになっています。
面白かったです。

嫌われる勇気

嫌われる勇気
自己啓発の源流「アドラー」の教え
 岸見一郎
 古賀史健

哲人と青年の対話により、
アドラーの教えを読者に向かって
語ってきます。

誰の為でもなく、誰の所為でもない、
自分の為の、自分の所為による
人生をどう向かうかを聞いてきます。
自己受容、他者信頼、他者貢献
それを受け入れ、成すことにより
幸せへ変われる。
いま、ここ
勇気を持ち、その刹那から、
自ら選び、歩くこと

読んで気持ちの良い本です。
自由でいる勇気を

2014年9月 2日 (火)

トペトロとの50年―ラバウル従軍後記

トペトロとの50年―ラバウル従軍後記
水木 しげる

水木しげるさんのラバウルでの体験
そこで出会うトペトロとの関係が書かれています。
漫画ではないですが、
イラスト・写真が多く挟まれています。
水木しげるさんの写生して絵も
普段見るものとは違い 面白いです。
おおらかな感じで話しかけてくるようで
楽しく読めました。

ミッキーマウス幸せを呼ぶ言葉 アラン「幸福論」

ミッキーマウス
幸せを呼ぶ言葉
アラン「幸福論」
笑顔の方法
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ミッキーの仲間たちのイラストとともに
アラン「幸福論」の言葉が並んでいます。
自ら向かい合い、笑い、行動することにより
幸福になると繰り返し訴えてきます。
イラストはアニメの原画などがあり
なかなか良い感じで眺めることができます。

北斎漫画 日本マンガの原点

北斎漫画
日本マンガの原点
清水勲

北斎漫画についてマンガとの関わりから
解説してくれています。
挿絵も豊富で楽しく読めます。
コマ割りに関する説明は
個人的にはどうかと思ってしまいますが、
北斎の面白さは、今のマンガに
繋がっている気がします。

USJ

USJ HP

USJに行ってきました。

ハリー・ポッターエリアは雰囲気が良く出ています。
ただ人がいっぱいで 混んでいました。
ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは、
4人乗りで 映像とセットでハリー・ポッターの世界を
楽しませてくれます。
スパイダーマンに近い感じのアトラクションです。
3D映像ではないですが迫力もので
とても面白かったです。
乗り場までの壁絵も楽しませてくれます。

ワンピース・プレミアムショーは
もっとこうしたら好いと思うとこもありますが、
最期はみんなが会場内を巡り楽しませてくれます。

Img_9122

口笛 柴田晶子

六甲オルゴールミュージアム HP
柴田晶子 HP

六甲オルゴールミュージアムで
柴田晶子さんの口笛コンサートを観ました。
とてもよかったです。
久石譲の楽曲と「口笛吹きと犬」を
オルゴールとともに奏でてくれました。
高音まで響く口笛の音色、
マリオネットを使用したパフォーマンス
また機会があれば聞きたいです。
(2014.08.30)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa