« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の11件の投稿

2013年4月28日 (日)

聖☆おにいさんスペシャルセレクション

聖☆おにいさんスペシャルセレクション
中村光

聖☆おにいさんの今までのお話を
セレクトしてお手頃にしたものです。
それぞれのお話が独立して
楽しく読めます。
ブッダとイエスの現在の日本での
生活が面白いです。
今度映画公開で少し興味もあります。

ルイージマンション2 カンペキガイドブック

ルイージマンション2 カンペキガイドブック

ルイージマンション2のガイドブックです。
既にクリア済ですが、
細かな抜けをチェックしてみてるようです。

グイン・サーガ・ワールド7

グイン・サーガ・ワールド7
 パロの暗黒/五代ゆう
 サイロンの挽歌/宵野ゆめ
 トリビュート作品 魔王子の召喚/牧野修
 評論 現実の軛、夢への飛翔/八巻大樹
 エッセイ/今岡清
 伊集院大介シリーズ スペードの女王/栗本薫

トリビュート作品が良かったです。
閉じた内の世界を持つ主人公へ
外からの楔により均衡が崩れ
物語ることへと変容していきます。
疎外感が伴う世界に対し
語り作り上げることにより関係を保ちます。
祖父の愛情が憑依した者へ影響を与え
主人公に対し接する態度も面白く思えます。

パロの暗黒・サイロンの挽歌は
さらに底の方へ落ちていう内容になっています。

OLはとぽっぽ (1)

OLはとぽっぽ (1)
たかの宗美

設定が凄くいいです。
はとが頭に突き刺さった状態で
はととOLがリンクを持ち
そのまま生活していく。
長期に続けられるネタかどうかは
判らないですが、
これだけで面白いです。
次が楽しみです。

2013年4月21日 (日)

鳥山 明 The World of DRAGON BALL

鳥山 明 The World of DRAGON BALL
(阪神百貨店)

良かったです。
鳥山 明先生のドラゴンボールの
コミック原画が多数展示されています。
躍動感あふれる雰囲気や
メカの細やかさ カラーリング
とてもうまく いいです。
大まかにはストーリー順の展示で
対決場面などは別にピックアップしています。
コミック原画のほかには
映画の設定やグッズなどを展示しています。
カメハメ破の写真が出口で撮れます。
これも面白い感じになります。

子供の科学2013年05月号

子供の科学2013年05月号

動物の多様性がメイン記事になっています。

宇宙兄弟 特別総集編

宇宙兄弟特別総集編
小山宙哉

アニメを見てて面白かったので
総集編が出てたので買って読んでみました。
アニメでの内容と同じでワクワクします。
子供のころからの夢であった宇宙飛行士へ
歩みを進めていきます。
想いが届かない人も出てきますが
それに腐ることなく立ち上がっています。
JAXA NASAと実在の組織が出ることで
臨場感が強くなってきます。
とても面白いです。

2013年4月14日 (日)

最終定理

最終定理
アーサー・C・クラーク
フレデリック・ポール
小野田和子(訳)

面白かったです。
アーサー・C・クラークの遺作となります。
フレデリック・ポールとの共作です。
ジュブナイルと呼ぶ表現が正しいかわかりませんが
主人公であるランジット・スーブラマニアンの
青年期から大人への成長さらに 
その上位へと変化します。(この部分は少しですが)
基本クラークの今までの思いがてんこ盛りの感じです。
宇宙エレベータ 太陽光レース ファーストコンタクト
楽しくなってきます。
最終定理はフェルマーを示し、
話ではワイルズとは別の証明をすることになります。

 

2013年4月 6日 (土)

鳥取砂丘

鳥取砂丘 HP
浦富海岸・島めぐり遊覧船 HP

鳥取砂丘を見てきました。
広い砂地と海と空のコントラストが
とても映えます。
今回は杭のT4からM4へ
ぐるりと回る感じで歩きました。

鳥取砂丘から少しいった
浦富海岸・島めぐり遊覧船へ
足を延ばしました。
晴天ですが船はまぁまぁ揺れました。
綺麗な海に島々が浮かび
良かったです。

Img_6951

Img_6956_2

Img_6982

Img_7055

Img_7058

Img_7069

須磨寺

須磨寺 HP

桜を観に須磨寺にいきました。
須磨寺は初めてになります。
公園周辺と境内に桜が咲いています。
量はそこそこですが楽しめます。
須磨寺は石に関するギミックなど
満載のお寺でした。

Img_6900

Img_6913

ルネ・ミッシェル

ルネ・ミッシェル

フランスのアコーディオン演奏家の
パフォーマンスをみました。
とても良かったです。
流れるような旋律に力強く響く感じに
気持ちを躍らせてくれます。
クラリネット奏者の中村真美さんとの
共演もあり短い時間ですが
とても楽しめました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa