« ツタンカーメン展 | トップページ | 神戸花火 »

2012年7月31日 (火)

ニーチェ覚書

ニーチェ覚書
ジョルジュ・バタイユ編著
酒井 健 翻訳

バタイユの琴線に触れたニーチェの言葉を
集めたのがこの本です。
量は多くないですが、ニーチェの意志と
それを受け取るバタイユに考えが及ぶと
読み込む時間を少しとりました。
それぞれは詩のようなものですが
今の気持ちに響いてきます。
また 人があまりにも他人であることを
それをそのまま受け取り笑えることが。
超えることは 苦く苦しいことなのか。
難しく考える必要などないのかも知れないですが。

翻訳者による解説も全体をわかり易く
捉え直すことができます。

« ツタンカーメン展 | トップページ | 神戸花火 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニーチェ覚書:

« ツタンカーメン展 | トップページ | 神戸花火 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa