« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の7件の投稿

2012年6月22日 (金)

有閑みわさん 8

有閑みわさん 8
たかの 宗美

有閑みわさん 8になります。
楽しく読めましたが、
登場人物に代わり映えが少なく
少し停滞気味な感じもあります。
次巻に期待です。

魔境の女王陛下

魔境の女王陛下
薬師寺涼子の怪奇事件簿
田中 芳樹

今回は怪奇なものが出てこないです。
相手は人です。
人だからこそ 底深さは怖くなります。
対峙する犯人は自業自得の感で消えますが、
人はいまだ沢山居り潜んでいる可能性が残ります。

空海入門

空海入門
加藤 精一

真摯に生き方を問い、正面に向かう
空海の生涯・思想をわかり易く教えてくれます。
世界の現れは大日如来そのものだとした真言密教
の初歩を彼の著作で紹介し解説しています。
空海も悩み それを解決し 
信じる事を最後まで追う姿が見て取れ、
読んでいて 力になる感じがします。
宗教家以外の姿 書家 文化人での姿もあり
時代においての彼の影響についても書いています。
これらを読むと入定とする後の者たちに
少しだけ疑問符がつきます。
人間 空海としてのほうが良い感じもします。

2012年6月17日 (日)

金髪女将綾小路ヘレン 2

金髪女将綾小路ヘレン 2
たかの 宗美

京都の旅館 金髪女将
この設定が上手い味わいを出して
楽しくしてくれます。
ヘレンの2巻目になります。
主任とのエピソードも裏から見た形にあり
そのところも面白く感じます。

子供の科学 2012年 07月号

子供の科学
2012年 07月号

オリンピック間近ということで
人間の運動パワーについての特集です。
今度のオリンピックでの様々な
競技を見るのが楽しみです。

2012年6月10日 (日)

MIB3

MIB3 JP USA

ひさしぶりに帰ってきたMIBの二人です。
Kは今と過去の二人になるのですが、
二人の関係があれば あとはどうとでもなる感じです。
それが とても楽しく ある意味ワンパターンに
陥る感じもありますが 面白いです。
ちょこちょこでてくる色々な小道具もくすぐられます。
タイムジャンプの表し方も笑えます。
あと やはり年をとってきていて
その経過した時間が伝わります。

2012年6月 2日 (土)

定本 百鬼夜行 陽

定本 百鬼夜行 陽
京極 夏彦

理解が届くことのない自己に向かい泥底の中へ
もがくほどに さらに絡まり抜けられなくなる。
トラウマとなる原因が明らかになるも
そこは負の景色を突きつけられる状態でしかなく、
理に押し流されていく人生になるものもいます。
他者の見ていることも 自分が思っていることも
それを確認するすべが無い。
それが当たり前だと捉えることができる
不思議は何もないと断言できる者もいる。

青行燈 大首 屏風闚 鬼童 青鷺火 墓の火
青女房 雨女 蛇帯 目競の百鬼が題材となり
物語られています。

長編も早く読みたいです。


« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa