« 関西の国宝めぐり | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿XII »

2011年10月23日 (日)

和本入門

和本入門
橋口 侯之介

とても面白いです。
和本に対するこだわり・愛情が伝わります。
和本の歴史・様式から作り・刊行
そして取扱いまでをとてもわかりやすく解説してくれます。
題名についても複数の表示があり、
どれがその本の主題となるかなど教えてくれます。
対象に対し、いろいろな面から焦点を当ててくれて
今まで知らなかったことなど明らかになり
発掘を見るように楽しめます。
デジタルなどで絵巻みたいなどを見ることをありますが
実際の和本を取り扱ってみたことなく
触れてみたい気持ちにします。
近くでは梅田の阪急古書のまちぐらいしか知らないですが
価格などもあり手に取ってみる感じにできないです。

誠心堂書店
東京古典会
東京の古本屋
日本の古本屋
国立学研究資料館
e国宝

« 関西の国宝めぐり | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿XII »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和本入門:

« 関西の国宝めぐり | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿XII »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa