« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の14件の投稿

2011年7月24日 (日)

公式イッシュ図鑑完成ガイド

ポケットモンスターブラック・ホワイト
公式イッシュ図鑑完成ガイド

一通りエンディングを迎え
もっと深いところをさぐるため
本を読んでいます。

ケロロ軍曹22

ケロロ軍曹22
吉崎観音 HP

22巻目です。
ケロロ第弐小隊の登場です。
新しい展開が期待されます。
クルルのカレー作りの話が
気に入っています。

超級! 機動武闘伝Gガンダム5

超級! 機動武闘伝Gガンダム5
島本和彦 HP

メキシコの情熱ぶりと
突き進み方がよく
陽気な状態に復活する感じは
気持ちいいです。
まだまだ1/5ぐらいの進み具合で
この先もフルで描いていくのか
気になります。

有閑みわさん 7

有閑みわさん 7
たかの 宗美

みわさんも7巻になります
おしゃべりみわさんも
ちょっと変わっていて面白いです。
未来の夢では二人の関係が
基本今現在と変わりなく、
子供のイメージもなく、
このあたり 変化もほしいです。

ダーティペアの大冒険2

ダーティペアの大冒険2
高千穂遙
たまきひさお

2巻目です。
ボリューム感たっぷりのケイとユリです。
面白くていいのですが、
透視する相手の過去を見るところは
あんなに描く必要ないかなと
個人的には思ってしまいます。
悪意 恨みをけりとばして行く
ケイとユリが良いです。
また描いてもらいたいです。

2011年7月21日 (木)

僕僕先生

僕僕先生 HP
仁木英之

しゃばけシリーズの横に良く置いてあり
気にはなっていたのですが
今回初めて 読みました。
面白いです。
文庫で3冊 単行で5冊でてるみたいで
文庫の残り2冊も近いうちに
読みたいと思っています。

中国神話 道教 仙人がいる世界を
背景にゆるやかに話は語られます。
それぞれ登場する人物は
見合った力を持っていますが
それでもどうにもならない流れの中に
身をおきもがき生きています。
僕僕にも絡みつくものはあるのですが
抜けたような気持ちですごす姿は
羨ましくも感じます。
王弁の思いも面白く伝わってきます。

しゃばけシリーズもそうですが
ちょこっとしたイラストがいい味で
誘ってきます。

週刊マンガ日本史 近藤勇

週刊マンガ日本史第2期 HP

38 近藤勇
  彼の新撰組が動き出す時を
  マンガは描いています。
  今から見ると 彼らの時代に果たした
  役割は正の部分が少なくも見えます。
  ただ結果を見てからの判断であり、
  突き進む姿は迫ってきます。

2011年7月16日 (土)

週刊マンガ日本史 高杉晋作

週刊マンガ日本史第2期 HP

37 高杉晋作
  高橋ツトムさんが描いています。
  陰のある雰囲気を出しています。
  高杉晋作 彼も短い生涯を駆け抜けた感じです。
  このような彼らのせいもあり
  幕末から明治にかけてが 
  時代の革命の空気が濃い感じがします。

古代ローマの饗宴

古代ローマの饗宴
エウジェニア・サルツァ プリーナ リコッティ (著)
武谷 なおみ (翻訳)

古代ローマにおける
食がどうであったかを
資料より再現し顕にしてくれる本です。
とても楽しく 面白く読めます。
作者の捉え方が上手く
ローマでの各人の食事する様子が
浮かび上がってきます。
人における食が今も昔も重要な
ファクターであることが再認識できます。
最後には作り方が解説しえあり
味の雰囲気を想像することができます。

2011年7月10日 (日)

子供の科学 2011年 08月号

子供の科学 2011年 08月号

ソラヨミガイドブックが付録です。
空に見られる雲や天気などを
オールカラーで紹介した21Pの
小冊子です。

2011年7月 7日 (木)

HUNTER×HUNTER 28

HUNTER×HUNTER 28
冨樫 義博

28です。
29も8月に販売され
連載も再開される模様です。

今回はネテロ会長の
底なしの笑みが壮絶です。
負の面を思うと祈らずに
いられない感じがします。

王は瀕死の状態となりますが、
配下の命を糧として
至福の愛を持って 蘇ります。

次巻は暴走するゴンですが、
それぞれの暴走 狂気を
連載は丸く収拾する方向へ
向かうのでしょうか。

ケロロランド夏号vol.37であります!

ケロロランド夏号vol.37であります!
2011年 08月号

37です。
全体の内容が変わってきて
マンガの量が減っています。
低年齢層をターゲットのように
なっています。
付録は指人形3体と製氷皿です。

週刊マンガ日本史 吉田松陰

週刊マンガ日本史第2期 HP

36 吉田松陰
  細野不二彦弘さんが描いています。
  あらためて見てみると30歳と
  短い期間での人生で
  その中でも 後へとつながる種を育んだ
  濃厚な生き方をしています。
  それでも もっと働きかけを行って
  力を本人も使いたかったと思います。

2011年7月 3日 (日)

スーパーエイト

スーパーエイト JP USA
2011.06.30

スーパー8を観てきました。
面白かったです。
タイトルからは内容が見えないですが
以外にオーソドックスにつぼを
とらえていて嵌ってしまいます。
映画作りをする少年たち
ヒロインに恋する少年
みんなでの冒険
未知への探索
上手く それらが絡まって
うきうきさせる作りにさせています。
スーパー8は映画で使用していた
8mmフィルムの規格だそうです。

少女の演技がよく
調べるとダコダ・ファニングの妹だそうで
姉妹そろって上手いです。
少年たちは 典型的な構成をとり
デブ・ノッポ・チビなどそろっています。
主人公の彼もいい感じですが
成長しても この雰囲気を
持っていければいいです。

エンディングで予想していたとおり
劇中製作の映画が流れます。
終わったあと すぐ出て行った人もあり
ちょっともったいない気がしました。

続きを読む "スーパーエイト" »

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa