« SP2 薬師寺涼子の怪奇事件簿 短編集 | トップページ | 原始仏典 »

2011年6月 7日 (火)

週刊マンガ日本史 天草四郎 松尾芭蕉

週刊マンガ日本史第2期 HP

30 天草四郎
  殉じて散って消えていくのですが、
  信じることで、生きていく気持ちはを和らげるかも
  知れないですが、どうしても引っ掛りがあり、
  釈然としない感じです。
  厳しさもあり、他の選択が無かったのかも知れないですが、
  行動には納得がいかないです。
  同じような繰り返しを書いていることにも
  それが反映しています。

31 松雄芭蕉
  ドリンクCMのパロディを芭蕉と弟子がしています。
  楽なことばかりではないでしょうが、
  あこがれる生き方です。
  それとともに真摯に打ち込むものがある態度は
  気持ちいいです。

« SP2 薬師寺涼子の怪奇事件簿 短編集 | トップページ | 原始仏典 »

MagazinE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガ日本史 天草四郎 松尾芭蕉:

« SP2 薬師寺涼子の怪奇事件簿 短編集 | トップページ | 原始仏典 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa