« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の14件の投稿

2011年3月30日 (水)

姫路セントラルパーク

姫路セントラルパーク HP

姫路セントラルパークにいってきました。
動物達です。

Img_8171

Img_8175

Img_8183

Img_8198

Img_8229

Img_8287

Img_8289

明石家さんまプロデュース Part.16

明石家さんまプロデュース Part.16
『今回もコントだけ?』 
あやふやなままで・・・まさかあいつまでSP
3/26(土)2回目の部19:05~22:00

今回も笑わせてもらいました。

構成と感想
覚書で内容はまとまっていないです。

続きを読む "明石家さんまプロデュース Part.16" »

2011年3月26日 (土)

週刊マンガ日本史 千利休

週刊マンガ日本史第2期 HP

22 千利休
  千利休です。
  己を固持し続けた姿が描かれています。
  秀吉が彼の死を悔やむ姿が出ていますが、
  実際どのように感じたのでしょうか。
  わびさびの抽象的感覚を
  対峙する人の有り様を示す茶道を
  広占めた千利休です。

ドラエモン 新のび太と鉄人兵団

ドラエモン
新のび太と鉄人兵団
~はばたけ 天使たち~ HP

ドラエモンを見てきました。
ロボットたちの兵団がやってきて
それをのび太たちが立ち向っていくお話です。
最近のシリーズ同様リメイクした作品です。
前作はたぶん見てないと思うので、
比較はできないですが面白く見れました。
涙腺がもう弱くちょっと泣いてしまいました。
のび太やドラエモンよりも
しずかちゃんとリルルがぐっときます。
しずかちゃんはリルルを助け、
リルルを睡眠薬で眠らそうとする役割をもち、
博士が亡くなるのを受け止め、
自らを犠牲にするリルルを最後に見つめます。
リルルは本星と地球の間に立ち、
人との想いを苦しみ感じ、
自らの存在・仲間たちの存在を一身に背負い
自らの生命を省みず未来・現在に賭けます。
この二人により物語りは引き締まります。
(2011.03.20)

2011年3月20日 (日)

週刊マンガ日本史 服部半蔵

週刊マンガ日本史第2期 HP

21 服部半蔵
  武将としての服部半蔵です。

手みやげを買いに 関西篇

手みやげを買いに 関西篇
わざわざ、が楽しい、
贈って幸せ京阪神の手みやげ

京都・大阪・神戸を中心にした
おみやげなどを紹介しています。
見ているだけで美味しいそうです。

ルネサンス文化史-ある史的肖像

ルネサンス文化史-ある史的肖像
エウジェニオ・ガレン (著)
澤井 繁男 (翻訳)

ルネサンスがどのような状態であったかを
幅広い視点で解説してくれている本です。
芸術だけでなく、教育・思想・
魔術的なもの・科学・文学など、
様々な箇所での有り様を提示してくれます。
ギリシア文明の回顧、キリスト教の閉塞、
なによりも生活の行き詰まりにより、
新たな知見が模索されていた状況が見えます。

矮小な人間像から、宇宙へも対峙する人へ
逆に人の欲望のを赤裸々に明示し
互いに思いやり理想の姿を
知の集積、教育による世界の更新を

最終章は芸術の項目でレオナルドの
万能な捉え方、それでいてさらに探求していた
彼の姿が多く書かれています。

説明はわかり易いと思いますが、
多くの登場人物があり、知らない人も多く
そこが読むときに引っかかります。
あと作者/訳者どちらによるかわかりませんが
蛮族という表現をしている箇所があり気になりました。
量的にさほど多くないですが、
興味深く面白く読めました。

東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた方に
お見舞いを申し上げるとともに、
健康といち早い復旧を祈っています。

阪神の大震災を経験しましたが、
今回の地震はさらにそれよりも激しく、
自然の力に翻弄される人の弱さが
怖くもありましたが、
生きていこうという姿、
助け合う力にとても勇気を貰います。

地震発生後に寄せられた、
心に残るつぶやき集
#prayforjapanは涙が出てきます。

普通に生活を過ごせていて
感謝するとともに心苦しくもあります。
ボランティアもできないですが、
募金で協力します。

2011年3月10日 (木)

もののけ草紙 4

もののけ草紙 4
高橋 葉介

もののけ草紙の4巻目です。
今回は子兎が主人公で手の目は
夢の中に出てくるだけです。
異界/あの世で異形と化した者達が
現れてきます。
本来の境界は戦争の狂気により
破綻してはみ出ている状態になっています。
異形となった状態でも人としての
精神が残り、想いを他者に向けます。

クトゥルー神話をモチーフに描いているようで
ぶよぶよぐにゅぐにゅのオンパレードです。
犬神家のパロディぽいのもあります。

週刊マンガ日本史 上杉謙信

週刊マンガ日本史第2期 HP

20 上杉謙信三
  上杉謙信です。
  謙信以外は野望に満ちた描かれかたをしている
  印象を受けました。

子供の科学 2011年 04月号

子供の科学 2011年 04月号

今回は毎年恒例の付録の手帳がついています。
手帳は4月始まりで、理科年表まではいきませんが
科学に関するいろいろなデータがついています。

今回は九州新幹線接続もあり
特集が組まれています。

2011年3月 5日 (土)

万能鑑定士Qの事件簿VIII

万能鑑定士Qの事件簿VIII
松岡圭祐 HP

凜田莉子の地元の波照間と
台湾が舞台となります。
万能鑑定士Qの第8巻です。
表紙はチャイナ服姿です。
これからも重要になる水問題が話です。

信頼の気持を応えるため力を尽くすが、
力不足のため応えられず
それでも再び前に向いて進む姿があり、
人を見ることにより力をもらいます。

今回の莉子は地元の旧友とあって、
はしゃぐ様子もあります。
ケロロを使った暗記法は少し楽しいです。
アンパンマンも少しいけます。

次はまたモナリザが関係するようです。

19 斉藤道三

週刊マンガ日本史第2期 HP

19 斉藤道三
  斉藤道三です。
  下克上真っ最中にある姿です。

2011年3月 1日 (火)

ケロロパイレーツ3

ケロロパイレーツ3
ケロロ軍曹特別訓練☆大コウカイ星の秘宝!
大槻朱留 HP

ケロロパイレーツの最終巻です。
ラスボスとの対決です。

七武海 安西先生など
チョコチョコとしたパロディが
楽しいです。

宗像教授異考録15

宗像教授異考録15
星野之宣

宗像教授異考録の最終巻です。
大英博物館の続きと鏡にまつわる話、
それと大英博物館編を描いたことに
関する記事が入っています。

大英博物館はロゼッタストーンを
中心に話が進みます。
長いスパンを通しての復讐劇も
ガウディの建築状況を見ると
それも あるのかなと感じてしまいます。
お話は博物館を舞台にスリリングに進みますが、
理想の犠牲になる者がでてきます。

次の鏡にまつわる話は、
英国から帰還した教授の物語です。
鏡に映る自分 他者に映る自分
それぞれの思いやり 態度を見て、
教授は新たな道を進むことになります。
英国に向う姿で異考録を閉じることになります。

また教授の活躍する姿を見たいものです。
星野之宣は新たな連載を始めています。
ジェイムズ・P・ホーガンの星を継ぐもので
このSF作品をどのようにアレンジしていくか
楽しみです。

画集付限定版を購入しました。
今までの表紙のカラーなどが入っています。
一部単行本未収録もありますが、
少し物足りない感じです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa