« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の22件の投稿

2009年12月29日 (火)

宗像教授異考録 12

宗像教授異考録 12
星野 之宣

12巻です。
七人みさき・生と死の女神・神の背中の3タイトルです。
七人みさきは少し広げすぎの感もあります。
生と死の女神・神の背中に登場する縄文土器はその形状により 
とても想像が誘発される力を持っています。
どのように感じ 今の目から見ると異様ともいえる土器を作ったのか 
面白いです。

井戸尻考古館 HP 登場した土器などが見れます。
東京国立博物館 HP 今土偶展が行われています。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

HUNTER×HUNTER NO.27

HUNTER×HUNTER NO.27
冨樫義博

再開前の27巻の発行です。
力不足で相手に届かない・・
己の気持を超えることができない・・
そこで持続することができない・・
ハンター達の闘いは続きます。
会長と王のいい所で話は終わり、
次への期待を持たせます。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

レイトン教授と永遠の歌姫

レイトン教授と永遠の歌姫
椎葉ナナ

映画版のコミックです。
死により引き裂かれる別れ
それを免れる力を得るため
別れた者を弔うため
優しい形でレイトンが解決していきます。
謎はありますが他のコミックのように
読者が解く形ではないです。
エコ風呂敷を購入しました。
風呂敷はレイトンとルークに帽子と船のガラです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 11 源頼朝

週刊 マンガ日本史 11
源頼朝
朝日新聞出版 HP

11巻 源頼朝です。
頼朝は弟義経を思いやり
北条政子もなんかいい人で
なんかイメージが違う感じのマンガです。

美術で読み解く 旧約聖書の真実

美術で読み解く 旧約聖書の真実
秦剛平

新訳聖書に続き
旧約聖書をからの題材を描いた
美術群の紹介です。
やはりネットなどで紹介した絵と
一緒に読むのがベストです。
白黒の小さいものでは判り難いです。
このシリーズの第3部もすでに
発行されていて休み明け読む予定です。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

2009年12月20日 (日)

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家 JP US
2009.12.13

カールがエリーと出会い 
そして過ごした時が 
楽しく切なく流れていき
カールは独り生きることになります。

思い出を溜め込んだ家と共に
外との関わりとを拒絶して生活します。
立ち退きのゴタゴタにより
家を追い出されることになって
その時エリーとの思い出本を見て旅たつことを思います。
カールの人生を 
想いを上手に観客に伝えてきてくれます。
そして飛び立った家にノックが 
ラッセルが家の外に居ます。
少し前に訪問してきていて
決まり文句で笑いを誘います。
飛び立つ前に判らなかったのか突っ込みもありますが。
とりあえず前へと進もうとするラッセルが仲間入りします。
空を飛び 嵐などに出会い
あっという間にパラダイス・ファールが見える場所まで
以外に早くこんな場所までくるなぁと感じです。

ここからは浮いた家を引っ張っての道中です。
巨大鳥ケビンと会い
話す犬タグ(音声変換機を介してですが)と会い
ラッセルの身の上話を聞き
少しだけですがカールが解れてきます。
カールの憧れの人チャールズF.ムンツの登場です。
PIXARのショートムービーで出てきた
チェスのおじいさんみたいな感じです。
カールの年齢設定からすると100歳前後になりますが
とても見えないほど元気です。
巨大鳥ケビンを捕らえる彼は執念に満たされ 
基本他者への信頼を忘れてしまっています。
彼によりケビンは捕まりカールの家の一部も焼かれてしまいます。
ラッセルはケビンを逃すため一人でムンツの飛行船へ。
残されたカールはエリーの冒険帳を見ます。
これからの冒険の先にカールとエリーがすごした時のスクラップが
最後のページにはありがとうの感謝に
これからのカールにエールを送る文字があります。
ここまでそのページを見なかったのも不思議ですが
ちょっとウルルときます。
そして ここでチェンジです。
家具を外に放出して身軽になった家を操り
ムンツのもとへ向います。
タグ ラッセルみんなの力でケビンを救い出します。
ムンツは風船を握って下へ落下していきます。
彼も死なず また執念を燃やしてると思いたいです。
戻ったラッセルのボーイスカウトの表彰式です。
別れたラッセルの父親はきていません。
それでも胸を張っているラッセルの元にカールがきて
バッジを付けにきてくれます。
カールはエリーからもらったバッジをラッセルに。
アイスを食べながら車の色当てをする二人で終わります。
エンディングはラッセルとカールが過ごす日が流れます。
PIXARで人が主人公の初長編ですが
PIXARらしく気持のいい作品で良かったです。
3Dで見ましたが それほど有効な感じではない気もしました。
やはりもっと動きをだした感じの利用がいいように思います。

絶対可憐チルドレン19

絶対可憐チルドレン19

4コマの双子が面白いです。
本編は大きな展開はないです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

レイトン教授と迷いの森

レイトン教授と迷いの森
吉祥寺笑

映画公開もあってレイトンの本がでています。
これはコミックで前のものとは違い
少し大人っぽいレイトンです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

レイトン教授と怪人ゴッド

レイトン教授と怪人ゴッド
柳原慧

レイトン教授小説第2弾です。
今回も途中謎解きが挟まっての展開です。
虐げられたものがその怒りを持って
お互いの繋がりを大切に思い
仮面をかぶり怪人として姿を変え現れます。
レイトンは正々堂々と向っていきます。
ルークはその姿を目に焼き付けていきます。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

レイトン教授と謎解きパズル

レイトン教授と謎解きパズル

まだ読み初めですが
休み中に頑張ると言っています。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 10 源義経

週刊 マンガ日本史 10 
源義経
朝日新聞出版 HP

10巻 源義経です。
マンガはイメージ通りの展開です。

2009年12月12日 (土)

グイン・サーガ130 見知らぬ明日

見知らぬ明日
グイン・サーガ130
栗本薫

栗本薫さんによるグイン・サーガ最終巻です。
最初手に取った時 
本が薄くここまでで終わってしまったのかという思いでした。
パロ編がほとんどを占め 
最後はヤガ編が数ページです。
どちらも何かが起こり始めるとこで
これから先はわからないです。
あとがきでご主人が書かれていますが
誰かが これを引き継いでくれればなぁと思います。
引き継ぐ人 グループは大変なことになりますが、
ペリー・ローダンシリーズみたいになればと。
最後に栗本薫さん ありがとうございました

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

古代中国の虚像と実像

古代中国の虚像と実像
落合淳思

古代中国の状態がどうであったかを
解説してくれる本です。
正直なとこ教科書などにどのように
書かれていたか覚えているわけではないですが、
あぁこうなんだという感じで面白いです。
専門の殷王朝や甲骨文字関連については詳しいですが
そのあとほど状況証拠の分析が多いです。
歴史が記されるのは 
その時代背景を加味し
そこに勝ち残ったものが行う行為なので
これはある意味しかたないと思いますが。
もっと色々な資料が発掘され
様々な状況が明らかになって欲しいです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

ケロロランド冬号

ケロロランド冬号

ケロロは目からビームが出ます。
知らなかったです。
付録は帽子とトランプですが
以前のものとマークなどが違う感じで
ネタ切れの感じもあります。

週刊 マンガ日本史 09 平清盛

週刊 マンガ日本史 09 
平清盛
朝日新聞出版 HP

09巻 平清盛です。
若き日の清盛をフィーチャーしていて
教科書などでの老いたイメージとは少し違います。

2009年12月 6日 (日)

神戸鉄人PROJECT

神戸鉄人PROJECT HP

鉄人28号です。
なかなか武骨な感じでいいです。
中に入れたりするといいのですがそれはできないので残念です。

Img_3387

Img_3415

Img_3405

Img_3426

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ HP
2009今年のルミナリエです。
やはり夜景は難しいです。

Img_3452

Img_3463_2

Img_3480

ちんぷんかん

ちんぷんかん
畠中 恵

しゃばけシリーズ第6弾です。
単行本は8まで進んでいます。
今回のは探偵の感じはないです。

鬼と小鬼
 三途の川の手前までいって
 再度現世に戻ってくる若だんなです。
 石を積み上げる仏教(本来の仏教)のあの世感は
 あまり好きではないです。

ちんぷんかん
 寛朝の愛弟子秋英のお話です。
 良き師に巡り合い
 少しずつですが成長していく姿が見えます。
 己を信じたのみ
 それでいて他者を信じたのみ。
 秋英の算術合戦が楽しいです。

男ぶり
 若だんなの両親のお話です。
 ほんわか楽しいかんじです。

今昔
 松之助の縁談を軸に陰陽氏がからんでのトラブルです。
 力をもって使い方を誤り貧乏神に付かれていく
 少し哀れな陰陽氏です。

はるがいくよ
 生まれて成長して死んでいく。
 相手においていかれ 相手をおいていき
 どうしようもない流れの中に生きています。
 だからこそ その中で目一杯もがいて慈しんで。
 小紅の愛らしさがとても良く、
 「本当に好きなんですよ」
 「私も小紅が好きだよ。・・・」
 とても染みこんできます。
 

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

美術で読み解く新約聖書の真実

美術で読み解く新約聖書の真実
秦剛平

新訳聖書に描かれてる物語と
それを描いた絵画を展開していく本です。
物語として史実はほとんど無いという立場で
全体を通しています。
奇跡などは無く 聖書及び教会が
自分の影響をどう浸透させるか
絵画をどのように解釈し利用し
教示していったかを解説しています。
今からみた視点が多い感じもありますが
それなりに面白く読めました。
3部作で残り2作に続くもようで次は旧約聖書です。
あとがき紹介にあったギャラリーです。 HP

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

レイトン教授とユカイな事件 1

レイトン教授とユカイな事件 1
桜ナオキ

順番が逆ですが1巻です。
カバーを外すとドン・ポールが主人公です。
レイトン教授の帽子の怪が面白いです。
謎はコミックサイズなので少し小さいです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

NEWスパイダーウィック家の謎1

NEWスパイダーウィック家の謎1
妖精図鑑、ふたたび
ホリー ブラック
, トニー ディテルリッジ
飯野眞由美

スパイダーウィック家の謎の第2シリーズです。
予定では3巻のようです。
以前描かれたスパイダーウィック家の謎が
出版されている世界 
現代とリンクした形で物語が編みこまれています。
作者も本の作者として登場し
第1シリーズの双子も出てきます。
前回も同様ですが 
家族が円満ではなく
今回は再婚した同士の子供たちが主人公です。
コンプレックスを持ち 親の目にどうしたら
良く見えるかを考える今のものです。
巨大な妖精が現れます。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 08 紫式部

週刊 マンガ日本史 08 
紫式部
朝日新聞出版 HP

08巻 紫式部です。高見まこさんのマンガです。
宮廷内の様子が面白く描かれてます。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa