« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の17件の投稿

2009年11月30日 (月)

レイトン教授とユカイな事件 2

レイトン教授とユカイな事件 2
桜 ナオキ

レイトン教授のコミックです。
2巻からで まだ1巻は未です。
全体に少しおちゃめな感じの仲間達の
ギャグマンガです。
謎解きもとこどこあり楽しい感じです。
コロコロコミックに連載みたいです。
今度1巻も読んでみます。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

小学生のまんがことわざ辞典

小学生のまんがことわざ辞典
金田一 春彦

まんがでことわざや慣用句を
まんがと解説でわかりやすく説明してくれます。
四文字熟語もありますが量としては少ないです。
適当に開いて読める本です。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル JP USA
2009.11.21

クリスマス・キャロルです。
原作に基本沿った形で金にがめついスクルージが
精霊により改心していい人になると言う
少し教訓くさいお話です。
人動きを元にしたCGで描いており
どこまで取り入れたかわかりませんが
ジム・キャリーの面白い雰囲気がでています。
子供とかには少し怖い感じもありますが
それなりに楽しい映画でした。

週刊 マンガ日本史 07 藤原道長

週刊 マンガ日本史 07 
藤原道長
朝日新聞出版 HP 07巻 

藤原道長です。
まぁまぁ登場人物が多く
姻戚関係など一度には把握しにくい感じです。

2009年11月22日 (日)

餓狼伝 24

餓狼伝 24 夢枕 獏
板垣 恵介

24です。
ヒコイチはあっさりやられ
これで出番終了かも知れません。
原作に対し かなり遠回りしていますが
これから どのように展開させるのでしょうか

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

ああっ女神さまっ 40

ああっ女神さまっ 40
藤島 康介

40です。今回は40記念で人物紹介など
本編以外がかなり量を占めています。
本当に長くつづいてるなぁと思います。
ラストはどうするのかと考えます。
本編は魔界反乱編の続きです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

パタリロ! 選集45

パタリロ! 選集45
謎解きパタリロの巻
魔夜 峰央

パタリロ! 選集45です。
副タイトルの通り探偵パタリロが多いです。
手段は悪徳金貸しで 女性を助けるパタリロ
そしてパタリロを痛めつけられた仕返しに向うタマネギ 
男気を感じます。
今回は解説に人形作家が書いており
人形を使ったパタリロの表紙について話しています。
この表紙はとても気に入っていて
これだけでも作品集ができるかなと思います。
本家の刊行もかなりいって
これからもパタリロワールドの広がりを
期待しています。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

ブレーメン2 第4巻

ブレーメン2 第4巻
川原 泉

ブレーメン2 第4巻 文庫最終巻です。
アリスの続き話 風水の話 黒猫の話です。
アンブレラがアリスに語りかける
それでもなんとかやっているという箇所はきゅんときます。
人に役に立つことが幸せと思えるように
生まれてきたブレーメン
人にそこに行き着くことができるのか
黒猫の話はブレーメンへの虐待で
世界を巻き込んで収束させます。
とても面白くこれで終わりが残念です。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

鼻行類

鼻行類
新しく発見された哺乳類の構造と生活
ハラルト シュテュンプケ
日高敏隆/羽田節子 訳

どこでか忘れましたが
鼻行類のイラストを見たことがあり
書店でたまたま詰んであったので読んでみました。
鼻の部分が特に進化した形態を持つ哺乳類に関して
その種類ごとの生態を記した解説書です。
虹のように輝くもの
音楽を奏でるようになったもの
様々な状態を示す生物達が描かれています。
これらの生物は限られた諸島に生息していましたが
フランスの核実験で諸島そのものが
海の中に沈んでしまい絶滅したそうです。
架空の生態記ですが
それをバックボーン付けし解説して
本当にあったかもしれないと感じさせ
とても面白く読めました。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 06 空海

週刊 マンガ日本史 06 

空海
朝日新聞出版 HP
06巻 空海です。この世でない世界から 
空海そして最澄が
自分達のいた時代を見つめる形式になっています。
カメラ・シンセなどが描きこみがあり少し変な感じがします。

2009年11月15日 (日)

「モナリザ」の微笑み

「モナリザ」の微笑み
布施英利

カラー図版もあり読みやすい本です。
ダ・ヴィンチの人体の捉え方を見ていき
それが複合的に合わさり「モナリザ」が
構成されていっていることを解説してくれてます。
大きな目新しさは無いですが専門の領域のため
判り易い感じになっています。
ピカソ セザンヌ の絵画の視線 
ギリシア彫刻等を「モナリザ」と合わせ解説しています

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 05 鑑真

週刊 マンガ日本史 05 
鑑真朝日新聞出版 HP

05巻 鑑真です。マンガはオーソドックスなつくりですが
鑑真のひたむきな気持が伝わる感じになっています。

子供の科学 2009年 12月号

子供の科学 2009年 12月号

道具を扱う動物の特集です
後半のマンガのトイレの話もおもしろいです。

2009年11月10日 (火)

極限生物摩訶ふしぎ図鑑

生きもの摩訶ふしぎ図鑑シリーズ
極限生物摩訶ふしぎ図鑑
北村雄一 HP

イラストもよく判り易い文章で
子供でも楽しく読めます。
難点は分量の割りに高い感じがすることです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

2009年11月 7日 (土)

THIS IS IT

THIS IS IT HP
Michael Jackson HP

THIS IS ITを見ました。
歌/踊りやはり上手いです。
リハーサルの編集映画なので
本当のライブ映画などのような観客の熱狂などは無いですが、
それでも彼・彼の周りのスタッフが
ライブに向ける情熱が伝わってきます。
大画面で見て 改めて感じましたが
マイケルは手が大きくミッキーマウスのような感じも受けました。
音楽/踊り/エンターテイメントに関し
彼が非常に自分の見えるポイントを持ち
コントロールしていることがよく分かります。
2時間くらいの映画ですがファンなので短く感じました。
2009.11.1

メデューサとの出会い

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3
メデューサとの出会い

アーサー・C・クラーク 短編集の3巻目最終巻です。
タイトル作は木星への探査の話ですが
探査者のラストの人/機械の融合
おそらくは機械的にかバイオ的に
変化していく道を本当に長期の目で
見れば選んでいくと思われ
そこでどう選択されていくか興味深いです。
太陽からの風は再読しても
冒険心の姿が良いです。
エッセイとして五感以上 信条は
作者の生きた姿勢が現れていて いいです。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

週刊 マンガ日本史 04 聖武天皇

週刊 マンガ日本史 04 
聖武天皇
朝日新聞出版 HP

04巻 聖武天皇です。
里中美智子さんのマンガです。
阿修羅像とヤマタノオロチがちらっと載っています。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa