« 金髪社員白鳥ヒロシ 2 | トップページ | 20世紀少年 最終章 »

2009年9月 6日 (日)

夏への扉[新訳版]

夏への扉[新訳版]
ロバート・A・ハインライン
小尾芙佐 (翻訳)
夏への扉への新訳版です。

ハインラインらしい軽快感などいいです。
発明品などは年代もあり古く感じるものもありますが 
それなりに楽しめます。
小学生にあたる少女にプロポーズするのですが
未来で自分との結婚を見てのこともありますが
それはそれで賭けであって。
少女も それともその年齢の少女のためか
10年近く思い続け 自ら眠り姫になる。
夏への扉を信じ続ける猫。
旧訳の本は持っているのですが
すぐ取り出せない奥にあるので読み比べていませんが、
最初に読んで思い入れもあるので旧訳に
1票いれていしまいます。
ただ初めての人は全般に読みやいので
新訳がいいかもしれません。
ハインラインは良く読みましたが、
ベストはこれではなく ヨブ です。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

« 金髪社員白鳥ヒロシ 2 | トップページ | 20世紀少年 最終章 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏への扉[新訳版]:

« 金髪社員白鳥ヒロシ 2 | トップページ | 20世紀少年 最終章 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa