« ケロロランド春号Vol.26 | トップページ | ピカソとクレーの生きた時代展 »

2009年4月19日 (日)

福の神と貧乏神

福の神と貧乏神
小松和彦

小松和彦先生の本です。
小松和彦先生の本は読んでるほうですが、
これは抜けていたみたいで文庫本が
並んでいるのを見て読んでみました。
ある意味 またタイムリーな感じで
幸について見直しさせられます。
福の状態であるから福の神がやってきて
貧の状態であるから貧乏神が。
嫉妬による排除/区別の構造から
抜け出せない人
努め暮らしていく幸への思い
そこをどう捉えてきたかを
判りやすく読めていきます。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

« ケロロランド春号Vol.26 | トップページ | ピカソとクレーの生きた時代展 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福の神と貧乏神:

« ケロロランド春号Vol.26 | トップページ | ピカソとクレーの生きた時代展 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa