« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の10件の投稿

2009年2月28日 (土)

ピカピカ泥だんごの作りかた

ピカピカ泥だんごの作りかた
下茂喜子

写真入りで判りやすく書いています。
これで泥だんごを作ると言ってます。
残念なのは半分ぐらいからカラーから
白黒印刷に変わることです。

PLUTO 7

PLUTO 7
浦沢直樹

イプシロンが倒れアトムが目覚めました。
最後の戦いへ離しは進んでいきます。
憎しみ偏向した感情は連鎖して
トラウマとなる体験からの恐れは
そこから逃れ開放されていくのか
悲しみも憎しみも伝わることを

2009年2月23日 (月)

ナンプレ超上級編2

ナンプレ超上級編2
西尾徹也
世界文化社

これは全体に余り難しくないです。

グイン・サーガ125 ヤーンの選択

ヤーンの選択
グイン・サーガ125
栗本 薫

ヤガへの道への話と終わりの方はイシュトとカメロンの話です。
ヤガへの話は 
今後のスカールの伏線になっていくのでしょうが
イシュトとカメロンの道は 
ヤーンのいたずらか元に戻れる地点を越したような感じです。
展開の進みが遅いとイライラしている人も多いと思います。
個人的には 終わらない物語が理想だと思うので
枝葉詳細に語っていくのは好きですが。

ガラスの大エレベーター

ガラスの大エレベーター
ロアルド・ダール HP
イラスト クェンティン・ブレイク
訳 柳瀬尚紀

チョコレート工場の続編です。
ガラスのエレベーターにのり宇宙まで飛び出します。
おじいちゃん おばあちゃんの若返りは面白いです。
語呂合わせが多いので読みあわない人もいるかと思います。
自由に我儘に楽しく遊んでいます。

レイトン教授とさまよえる城

レイトン教授とさまよえる城
柳原慧

ゲームで知られるレイトン教授の小説です。
ホームズの時代に近い感じで
ホームズ・ポアロ・明智などへの
オマージュ的な小説に感じました。
今現在の人々の生き方を見て、
過去へ投影しているので 
あぁそうなのかと思われる箇所もでてきます。
基本的に極悪人は出てこないです。
含みを持ちながらも謎を解決し
ハッピーエンドに終わります。
ところどころ問題が挟まっています。
難しくないのでちょっと一休みになります。

2009年2月14日 (土)

南極(人)

南極(人)
京極夏彦 HP

どすこいに続くギャグ?パロディ?小説です。
僕はこんな物も好きですけど、
嫌いな人も多いと思います。
すぐに復活する南極は楽しいです。
それぞれオチは一つなので
ある程度読むと先が読めますがいいです。
ラストは赤塚先生の世界でマンガと小説の
機能差を表しながら展開です。
これには今まで語り手としてでてきた彼はいません。
コチ亀とのコラボもあります。

白川道 海は涸いていた
大沢在昌 新宿鮫 HP
馳星周 夜光虫 HP
秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所
大場つぐみ・小畑健 DEATH NOTE
東野圭吾 探偵ガリレオ
平山夢明 独白するユニバーサル横メルカトル HP
赤塚不二夫ワールド HP
古屋兎丸 HP

子供の科学 2009年 03月号

子供の科学 2009年 03月号

生物の再生 Nゲージ 
タンポポなどの話が載っています。

ケロロランドVol.25

ケロロランドVol.25

ふろくのケロケロハンマーは小さいです。
あと手帳もついています。
映画公開へ向けて色々な情報がのっています。

2009年2月 8日 (日)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 11 夜光曲 後編

薬師寺涼子の怪奇事件簿 11
夜光曲 後編
田中芳樹 HP
垣野内成美 HP

薬師寺涼子の怪奇事件簿コミックの11巻です。
むかで ごきぶり みみず なめくじ ほたる
いろいろうじゃうじゃでてきます。
ボディスーツをきて活躍します。
マガジンZが休刊ですので、
次からはアフタヌーンです。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa