« エンデュミオンと叡智の書 | トップページ | ケロロランド秋号Vol.23 »

2008年10月 5日 (日)

アイアンマン

アイアンマン (2008.10.01)

武器会社のCEOが体験により改心しアイアンマンとなり正義を執行していく。
SFヒーローアクションです。
お気楽オバカな感じで楽しいです。
正義のヒーローとしていますが適当です。
命の大切さなど自分中心のわかり易い世界です。
ガチャガチャと動く装甲のアイアンマン。
何より装着へのギミックがいいです。
エンディングあとはマーベルコミックのシリーズ関連があることを匂わせています。
アメリカでもヒットしているので次もあるはずでまた楽しみです。
オフィシャル JP USA

あらすじ覚書

音楽とともに砂漠地帯を疾走する米軍車
その中には軍事産業会社のCEOトニー・スタークが
そこへ突然の砲撃に会い 
自分の会社の武器が敵軍に使用されているのを見て 
自分自身怪我をする。
マスクを被りテロリストにつながれている姿となる。

時間は遡り 
天才的才能で兵器を開発していき気ままに自由に生きている。
新兵器のプレゼンを軍に対し行い意気揚々と
米軍車に乗り込むが先ほどの襲撃となる。

テロリストのとこに囚われている者のおかげで命は取り留めることに 
胸に破片がいかない様にバッテリーを持ちひきつけて置く。
テロリスト達はミサイルを作るようにトニーに命令をくだす。
トニーを助けた者は生かされた意味があるはずだとトニーに伝える。
トニーは手作業でまずエネルギー発生装置を作り
秘密裏に鉄仮面のアーマーを組み立ててしまう。
最後になりテロリストが気づきトニー達に向うが
トニーを助けたものの命により再度トニーは救われる。
そしてトニーを助けて者は家族がいる死者の世界に。
鉄仮面の武力によりテロリスト達を倒し脱出に成功する。
アメリカに帰ってきたトニーは記者会見で武器製造を
止めることを発表し騒然とさせます。
共同経営者のオバディア・ステインがこの場を収めトニーにも
自宅にいるように告げます。
トニーのところには秘書のペッパー・ポッツのみの状態になります。
トニーはアイアンマンの改造にかかりにきりに。
新しくしたエネルギー発生装置をペッパーに交換してもらいます。
トニーは捨てるように言うがペッパーは装飾してトニーにプレゼントしておきます。
チャリティーがトニー抜きで開催されてるのを TVで見てそこへ出かけていきます。
ペッパーと少し良い関係になりますが、
そこで記者によりトニーの会社の武器がテロに流れ
その街の人たちが虐げられているのを知る。
トニーはアイアンマンとなりその地域にとびテロリスト達を平らげていく。
帰還途中アメリカ軍に遭遇するが何とか切り抜ける。
オバディアはテロリストのとこへ向い
邪魔になったテロリストを抹消し
プロトアイアンマンを持ち帰り研究するが上手く行かないでいる。
トニーはペッパーに会社の内情を探ってくるように頼み
ペッパーは信頼するトニーのため会社へ行く。
会社で情報を見ているとオバディアがトニー暗殺を計画し、
武器を横流しし、対アイアンマンを開発中を知る。
そこにオバディアがやってきて、その場はペッパーはやりすごすが、
すぐオバディアの知るとこになりペッパーは国家・・と一緒に逃れる。
トニーが電話しているとこにオバディアが現れ
トニーの胸のエネルギー発生装置を奪う。
トニーは旧式の発生装置のところへ 
駆けつけて友人のおかげで一命を取りとめ
アイアンマンとなってオバディアのもとへ。
ペッパーは国家・・とオバティアを逮捕しにいくが
オバティアは装甲を包んだ対アイアンマンとなり襲ってくる。
アイアンマンがやってきて闘いとなりペッパーの活躍とにより相手を倒す。
記者発表でシナリオを無視し私がアイアンマンだとトニーは発表する。
トニーの家に国家・・の長官が現れ 
まだ大きな知らない世界の一部にしかすぎないことを告げる。

« エンデュミオンと叡智の書 | トップページ | ケロロランド秋号Vol.23 »

Movie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイアンマン:

« エンデュミオンと叡智の書 | トップページ | ケロロランド秋号Vol.23 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa