« 昆虫大陸2008 | トップページ | ヨハネス・ケプラー »

2008年8月28日 (木)

グイン・サーガ 122

グイン・サーガ 122
豹頭王の苦悩
栗本 薫

グインの122です。
復讐のため自らを痛め続ける
その方向でしか手段が無いのか
自身が救われようと願った光が閉じて
何度も何度も立ち向かって
自分自身が好きになれるように
願わずにはいられないが
自分が救えなかったことを悔やみ
人を救えると思えること自体無理があると思うが
結局のとこ ダメだと判断した時点で
そのことは胸に仕舞い断ち切るのは 
生きる上で正しいのだけど
埒外のことを理解しようとするが
それは仮想でしかなく
自分の理解できる範囲で収める
何事も無く 健やかにすごせれば
それに越したことなくそのほうが楽に進める
人の痛みが分かってしまう
その生い立ち自身が痛く
本当は手を差し伸べてあげればいのだが
求められないと延ばすことなく
立場として世間を見て過ごしていく
自ら進んでいくのではなく 
受身で その人の喜びも悲しみも
ずっと見続けていてその人に生があるから
存在を続けていてその人を亡くさないため
自分の命を捧げてしまう
今回のグインはグタグタの回でした。

« 昆虫大陸2008 | トップページ | ヨハネス・ケプラー »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ 122:

« 昆虫大陸2008 | トップページ | ヨハネス・ケプラー »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa