« ケロロランド Vol.19 | トップページ | 日本人が知らない松坂メジャー革命 »

2008年2月23日 (土)

複数の「古代」

複数の「古代」
神野志 隆光

日本書記と古事記
それぞれの書かれた文を読み解くことで、
それぞれが所持している古代・実際の古代・現代人が解釈する古代と
意図し構成しうる違いがあることを示しています。
聖徳太子 万葉集にもスポットがあたり
歴史が一層でないことを解説してくれています。
古語など少し読みにくい箇所もありますが
面白かったです。
事象は伝えられること、
文字化かすることで歴史化される感じで、
個人の過去においても今の感覚で
変更されていくようなことが組織的に行われて、
歴史は意志で構成される一方で、
曖昧さが増す気がします。

« ケロロランド Vol.19 | トップページ | 日本人が知らない松坂メジャー革命 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複数の「古代」:

« ケロロランド Vol.19 | トップページ | 日本人が知らない松坂メジャー革命 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa