« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の17件の投稿

2007年12月28日 (金)

日本妖怪大百科No.4

日本妖怪大百科No.4

今回は福の神などがテーマです。
その中で寺田さんが描く七福神が
とても印象に残りました。
寺田克也 HP

宗像教授伝奇考 1

宗像教授伝奇考 1
星野 之宣

宗像教授異考録の前のシリーズです。
今回は小学館からの発行です。
このシリーズは本屋で見かけなかったので
初めて読みます。
基本路線は大きくは変わっていません。
面白く読めます。

ああっ女神さまっ 36

ああっ女神さまっ 36
藤島 康介

36巻です。
現状維持です。
今回は記憶喪失のお話です。

喰いタン9

喰いタン9
寺沢 大介

9巻です。
あいかわらずの喰いっぷりです。
ラーメン屋の親父の話が笑えます。

2007年12月26日 (水)

ディアルガVSパルキアVSダークライ

劇場版ポケットモンスター
ダイヤモンド・パール
ディアルガVSパルキアVSダークライ

今年の夏にあったポケモン映画のDVDです。
おまけとしてシールがついています。
喜んでみています。
同じ小学館のコナンやドラエモンのCMが入っています。
" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

2007年12月22日 (土)

餓狼伝21

餓狼伝21
夢枕獏
板垣恵介

準決勝2試合決勝の二人が決まります。
館長のデモストレーション。
圧倒的大きさを見せ付けます。

水妖日にご用心

水妖日にご用心
薬師寺涼子の怪奇事件簿
田中 芳樹 HP

薬師寺涼子シリーズです。
アニメにもなるみたいです。
今回は 敵は壊滅しないで逃げていきます。
あいかわらずの活躍です。
" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

2007年12月14日 (金)

クレヨンしんちゃん 47

クレヨンしんちゃん 47
臼井儀人 HP

47巻です。
今回は、まつざか先生&徳郎さん
もつれにもつれた糸もやっとほぐれたゾ!!編がメインです。
二人のほつれた糸はほぐれますが、
突然の別れ。まつざか先生の苦悩が描かれます。
どうしようもないけど、歩き進むしかない。
子供はどう感じるかと思いましたが、
ちょっと考えたみたいです。

おまけのこ

おまけのこ
畠中恵
しゃばけ倶楽部

しゃばけシリーズの文庫本4冊目です。
五話がはいっています。
他者を信じれない自分がいて、
自分自身も信じきれない。
閉じ込めて、祖父母の愛情を見えなくなってしまていた。
友達と遊びたい。
迷惑をかけたくないけど、生きたい。
間が差す自分を止められない。
病弱な若旦那を筆頭に今回もみんなが活躍して
江戸の町に生きています。

収録タイトル
 こわい
 畳紙
 動く影
 ありんすこく
 おまけのこ

TVドラマも見ましたが、
なかなか面白かったです。
続きもやって欲しい気がしますが、
お金もかかりそうです。
単行本では6冊でています。

2007年12月12日 (水)

長渕剛

長渕剛 HP

昭和長渕剛 LIVE ’89
今 子供がとても気にいって 
何度も聞いています。
お気に入りベスト3です。

No.1 とんぼ
NO.2 裸足のまんまで
No.3 プン プン プン
" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

ダーティペアの大帝国

ダーティペアの大帝国
高千穂遥 HP

大征服の続きです。
特に何も考えないで話を読めていきます。
終わりはいつものワンパターンですが、
それが楽しいです。
欲を言えば安彦良和先生の絵がもっと欲しいです。

ねこラーメンSPECIAL

ねこラーメンSPECIAL
そにしけんじ
ねこの大将がラーメンを作るお話です。
yahoo動画でアニメも見れます。
なかなか笑えて楽しいです。

2007年12月 9日 (日)

グイン・サーガ118 クリスタルの再会

グイン・サーガ118
クリスタルの再会
栗本薫 HP

パロに到着して グインとリンダの再会です。
記憶はいまだ戻りません。
月刊はとりあえず終わりで
また2ヵ月後あたり次みたいです。

アロサウルスをつかまえろ!

アロサウルスをつかまえろ!
シークレット・エージェントジャック
ミッション・ファイル 1 アメリカ
エリザベス・シンガー・ハント(著)
田内 志文(訳)

子供向けのお話です。
小学生のジャックがシークレットエージェント
として活躍していきます。
その第1巻です。
暴れるアロサウルスをつかまえようとします。
子供でも30分もあれば読めてしまう手頃さです。
現在4巻でてるみたいです。
" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

2007年12月 8日 (土)

脳研究の最前線(下巻)

脳研究の最前線(下巻)
(ブル-バックス) (単行本)
理化学研究所脳科学総合研究センター (編集)

下巻です。
脳の研究の全般が浅くですが解説すており面白く読めました。
また 数10年後には、脳の大半が解明されている状態になったとき、
人の規範などはどうなっていくか少し考えてしまいます。

本の章と内容(内容の記載はあまり的確に指示できてないです)
第1章
 脳のシステム
 システム全般
 脳の全般的な捉え方。
第2章
 脳の進化と心の誕生
 他動物と比較しどう変化して、どこが異なり心の誕生したかについて
第3章
 知性の起源
 手、道具を使用することからの知性の起源について
第4章 言語の起源と脳の進化
 鳥の唄声の観点から人の言語の発生について
第5章 脳はどのように認知するか
 視覚情報をどのように処理を行い認知について
第6章 脳はどのように情報を伝えるのか
 ニューロンシステムの構成流れについて
第7章 アルツハイマー病を科学する
 アルツハイマー病から、長寿となった人類の課題、老化について
第8章 つながる脳
 人工デバイスなどを通しての脳について
第9章 精神疾患から脳を探る
 うつ 総合失調症 躁鬱から判明したことについて
第10章 ロボットから脳を読み解く
 ロボットで脳のシステムをシミュレートについて
第11章 快楽が脳を創る
 脳を創れるか 快楽をとり入れてのシステムについて
第12章 脳は理論でわかるか
 理論と脳のシステムの相違について
  " reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

2007年12月 2日 (日)

PLUTO 5

PLUTO 5
浦沢直樹

プルートの5巻目です。
他者 自分 赦しはあるのか
苦悩する姿が描かれていきます。
連載が月1くらいなので、
なかなか進まなくもやもやします。

日本妖怪大百科

日本妖怪大百科

3巻目のメインは天狗です。
なかなか楽しいです。
" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa