« 妖怪の理 妖怪の檻 | トップページ | 1年の科学 10月号 »

2007年9月30日 (日)

旧怪談 耳袋より

旧怪談 耳袋より
京極夏彦

根岸鎮衛という人が書きとめた耳袋のお話を、
怪談をメインに京極さんが意訳した本です。
京極さんの訳は、基本はそのままで現在の言葉に置き換え、
人の名前等は記号かされています。
一番の違いは、オチ話(落語)のような展開をとり、
タイトルがオチになって締めくくられます。
訳のあとには、原文が記されていて、
二つを読み比較することで、どう素材を料理したかがわかります。
怖いという感じはあまり無いですが面白く読めました。

« 妖怪の理 妖怪の檻 | トップページ | 1年の科学 10月号 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧怪談 耳袋より:

« 妖怪の理 妖怪の檻 | トップページ | 1年の科学 10月号 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa