« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の12件の投稿

2007年9月30日 (日)

1年の科学 10月号

1年の科学 10月号
学研 HP

アイスができるアイスパックンとこおりコップと
温度計が付録です。
何度も遊べる付録ではないですが楽しいです。

旧怪談 耳袋より

旧怪談 耳袋より
京極夏彦

根岸鎮衛という人が書きとめた耳袋のお話を、
怪談をメインに京極さんが意訳した本です。
京極さんの訳は、基本はそのままで現在の言葉に置き換え、
人の名前等は記号かされています。
一番の違いは、オチ話(落語)のような展開をとり、
タイトルがオチになって締めくくられます。
訳のあとには、原文が記されていて、
二つを読み比較することで、どう素材を料理したかがわかります。
怖いという感じはあまり無いですが面白く読めました。

妖怪の理 妖怪の檻

妖怪の理 妖怪の檻
京極夏彦 HP

最初は妖怪と言う言葉が、
どのように捉えられ、
どう意味(定義)されようとしてきたかを展開しています。
次は水木しげる先生を中心とした造詣がどう妖怪を
写し描きそれが伝えられたかを、
キャラ/キャラクター論を書いています。
妖怪や京極さんが好きな人にはとても面白いと思います。

水木しげる HP
怪異・妖怪伝承データベース HP

人体の不思議展

人体の不思議展 HP

人体の不思議展を見てきました。
初回2002年に見にいってからで、
かなり間隔があいての再見になります。
初回ほどのインパクトは減りましたが、
人体の標本が展示されている模様はすごいと思います。
人は生物であるということがあからさまにされています。
展示(物)は、観察者の意志により形態をとらされています。

2007年9月22日 (土)

クレヨンしんちゃんアニメ版 愛しのななこおねいさん編

クレヨンしんちゃんアニメ版
愛しのななこおねいさん編

アニメ版の最新刊です。
表題のななんこおねいさんよりマリリンが活躍しています。

まんが科学のふしぎなぜなにブック

クレヨンしんちゃんの
まんが科学のふしぎなぜなにブック 改訂版
クレヨンしんちゃんのなんでも百科シリーズ
造事務所 HP

クレヨンしんちゃんが科学の不思議について
いろいろ説明してくれる本です。
おもしろく理解できていきます。

2007年9月16日 (日)

決定版!本当にいる日本・世界の「未知生物」案内―決定版!

決定版!本当にいる日本・世界の「未知生物」案内―決定版!
山口 敏太郎 HP
天野 ミチヒロ
笠倉出版社 HP

少し前に購入していたのですが、やっと読みました。
新規記事もあるのですが、
以前でた日本篇・世界篇の 2冊の総集編です。
前読んだのも忘れかけているので、
面白いのは面白いのですが、
読みだすと思い出してしまいます。 

パタリロ西遊記! 第2巻

パタリロ西遊記! 第2巻
魔夜 峰央
白泉社 HP
パタリロ HP

パタリロ西遊記 文庫2巻目です。
金角銀角の次は、
牛魔王/羅刹女の物語へ進んでいきます。
まだ直接対決は先みたいです。

2007年9月 8日 (土)

図解業界地図が一目でわかる本 最新2008年版

図解業界地図が一目でわかる本
最新2008年版
激変する最新勢力図から海外との提携地図まで!
ビジネスリサーチ・ジャパン

各種業界の関係がコンパクトにまとまった本です。
コンパクトなため、書ききれない箇所もありますが、
どう変遷しているかがつかめ面白いです。
2006版なども読んだことありますが、
かなり変わっています。
読んでる時点でも、すでに変化したとこもあって、
なかなか興味を持てます。

2007年9月 4日 (火)

宗像教授異考録 6

宗像教授異考録 6
星野 之宣
小学館 HP

宗像教授の6巻です。 

再会
  竹取物語 浦島太郎を2つの御伽噺を軸としたお話です。
  過去の累積から絡め取られた糸の呪縛が
  世界の裏側で生きています。

テキスト 天空の神話
  再び船での漂流劇で、語り部としての教授が良いです。

黄泉醜女(よもつしこめ)
  恐れ災いから、人はどれほど犠牲を捧げてきたのか、
  石面の裏の声が伝えてきます。

2007年9月 3日 (月)

宇宙はどこまで明らかになったのか

宇宙はどこまで明らかになったのか
福江 純/大阪教育大学大学院教育学研究科
粟野諭美/岡山天文博物館
吉川 真/宇宙航空研究開発機構
小久保英一郎/国立天文台
村元秀/国立天文台太陽系外惑星探査プロジェクト室
米徳大輔/金沢大学自然科学研究科
高橋労太/東京大学大学院総合文化研究科
渡會兼也/金沢大学附属高等学校
大須賀 健/理化学研究所
加藤成晃/筑波大学計算科学研究センター
谷口義明/愛媛大学大学院理工学研究科
杉山 直/名古屋大学大学院理学研究科
サイエンス・アイ新書Web HP
ソフトバンク クリエイティブ HP

面白いです。それぞれの内容は少しづつですが、
今の天文学宇宙学の観測に基づいた研究結果が、
述べられていて、カラー写真ともに記載されています。
宇宙探索の結果と理論展開の双方により、
宇宙の構造がちょっとだけ明らかになってきています。
読んでとても楽しいです。


目次

続きを読む "宇宙はどこまで明らかになったのか" »

トランスフォーマー

トランスフォーマー 9/1

戦いの場面で敵味方がわかりにくいや、
ご都合主義などある感じですが、
それなりに楽しめました。
アニメの設定もそれなりにこなしていました。

内容覚書

続きを読む "トランスフォーマー" »

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa