« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の8件の投稿

2006年11月28日 (火)

ソフトタッチ・オペレーション

ソフトタッチ・オペレーション
西澤 保彦 (著)

<チョーモンイン>シリーズの最新作です。

無為進入
 殺人事件は起きない事件です。

闇からの声
 少しホラーが入っています。

捕食
 西澤保彦さんのテーマのような相互依存が話の核になっています。

変奏曲<白い密室>
 トリック的には少しいまいちな感じもします。
ソフトタッチ・オペレーション
 ちょっとフェチも入っていて、この中では一番面白いです。
 殺人事件なども起きません。

哲学の教科書

哲学の教科書
中島 義道 (著)

哲学の史的教科書ではなく、
哲学するについて書かれた本です。
筆者の向き合う姿勢がよく現れ、面白く読めました。
筆者のスタンスに対しては、
色々個人的にも反論がありますが、
それこそ筆者の望んでることだと思います。
それと一歩間違えば、ただの変人になる危うさは、
どことなくわかります。

2006年11月22日 (水)

餓狼伝19

餓狼伝19
夢枕 獏
板垣 恵介

片岡輝夫VS鞍馬彦一やられたら同じことを仕返す。
シンプルな意志が最後の勝敗を決めます。
次は2007/5にでるそうですが、先は長いです。
雑誌でも読んでいますが、なかなか進みません。
原作の方も、ゆっくりです。

2006年11月20日 (月)

クレヨンしんちゃんアニメ版 妹できて、しわよせだ!編

クレヨンしんちゃんアニメ版
妹できて、しわよせだ!編
臼井 儀人 (著)

アニメ版です。
今回から右開きになって、
読みやすくなっています。

2006年11月12日 (日)

非対称の起源

非対称の起源
C. マクマナス (著)
大貫 昌子 (訳)
講談社ブルーバックス

原書のタイトルは、RIGHT HAND, LEFT HAND (右手、左手)です。
この本は、右左にまつわる様々なことがらが書いています。
人の心臓はなぜ、ほとんどの人が左にあるのか、
DNAが決めるのか、そのDNAはなぜ右巻きなのか、
アミノ酸がL型支配が関係してるのか、
粒子のパリティ保存則の破れによるのか、
いろいろな視線から書いていて、面白いです。
人が右左に優先を付け、意味付けを行っていること。
とても楽しく読めました。

目次
第 1章 ワトソン博士の難問題
第 2章 右手は左手より優れているのか
第 3章 右と左の意味論
第 4章 右と左の起源
第 5章 心臓はなぜ左にあるのか
第 6章 アミノ酸は左利き
第 7章 右と左を決める遺伝子
第 8章 脳の非対称性
第 9章 言語に特化した左脳
第10章 利き手と社会
第11章 左利きの苦悩
第12章 人はすべて対称なり
第13章 壮大にして微小なる我が宇宙
本書のHP righthandlefthand.com

カーズ

映画館で見て、
子供も気にいっていて購入しました。
知っているように、
マックィーン(レースカー)の成長物語です。
見ていて楽しいです。
ピクサーはCGアニメの使い方がやはり上手いです。
このDVDは1枚で、特典映像は少な目です。
コレクターエディションは本やダイキャストが
付いていていいですが、
高くて断念しました。

2006年11月 3日 (金)

薔薇の花びらの上で イヴ&ローク13

薔薇の花びらの上で
イヴ&ローク13
J.D. ロブ

13巻目です。
周りは自分のゲームの場としてしか見ない相手が犯人です。
これは小説ですが、現実も・・最近もいじめがあり自殺して、
そのあともそのグループは
いじめを続けていたなどとニュースが出てましたが、
報道だけなので真実かどうかわかりません。
読んでいて少し思い出しました。
今回は新しいカップルができていますので、
その展開も面白いです。

便利屋みみちゃん

便利屋みみちゃん
吾妻 ひでお

吾妻 ひでおさんらしい気軽でHなお話です。
童話もセットになっています。
普通の売り場においてあって、
多少いいのかなぁと感じました。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa