« 薬師寺涼子の怪奇事件簿6 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 6 »

2006年10月 5日 (木)

邪魅の雫

邪魅の雫
京極 夏彦 (著)

本屋に山のように積んでいたのでもうかなりの人が読んでると思います。
久しぶりの京極堂です。
今回は関口が良く語っているように見えます。
益田が切れ悪く榎木津の見合い相手を調査していきます。
榎木津は一言を告げるため、探偵ではなく榎木津礼次郎して現れます。
世間・外部が無いと内側も成立せず人が成り立ち得ない。
相手の想いも個人が仮想したものでしかなく、
逆に仮想できるということは自己認識ができるという事で、
ただ自己も本当に理解してるいるのか判らない。
世界と対峙しても、その眼差しは一方通行になるけど、
在るようにしかいくことができないけど、
生きることは面白い。
この本についてる小冊子が今までのおさらいをしていて楽しいです。

« 薬師寺涼子の怪奇事件簿6 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 6 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邪魅の雫:

« 薬師寺涼子の怪奇事件簿6 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 6 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa