« 本当にいる世界の「未知生物」案内 | トップページ | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者 »

2006年8月29日 (火)

SF魂

SF魂
小松 左京

小松左京先生のとんとんと進む自伝です。
簡単に読めてしまいます。
突き進んできたという感じがとても伝わってきます。
虚無回廊の中断も、やはり先が見えないというのは、
予想してた感じです。
日本沈没の第2部谷甲州さんと共著という形ででていますが、
いまいち食指がわかず読んでいません。
かわぐち かいじさんの太陽の黙示録にかぶり気味みたいな感じもします。

« 本当にいる世界の「未知生物」案内 | トップページ | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF魂:

« 本当にいる世界の「未知生物」案内 | トップページ | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa