« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の8件の投稿

2006年5月28日 (日)

スクラップ学園 天真爛漫編

スクラップ学園
天真爛漫編
吾妻 ひでお

スクラップ学園の安価版です。
くだらなく、危なく、面白いです。

聖なる陰謀

聖なる陰謀
アセファル資料集
ちくま学芸文庫
ジョルジュ バタイユ (著)
マリナ ガレッティ (編集)
吉田 裕, 神田 浩一, 細貝 健司, 江澤 健一郎, 古永 真一 (翻訳)

本書は1936~1939年の間のバタイユと彼の同士との書簡と
各種文書で構成されています。
それもバタイユが中心として創り上げた秘密結社「アセファル(無頭人)」を
知るうえでの重要な資料です。
として1960年のバタイユの書簡・ヴァルドベルグによる文書が付いています。
そして注釈が資料と同程度の量で記されています。

彼が結成したアセファルと言う名の結社の行動・思想・宗教の姿を垣間見れ、
萌芽し崩壊していく組織の様子が伝わってきます。
補遺のバタイユの書簡は、死を近くに迎え、いまだ聖なるものを求める
彼の想いが見えます。

アセファル
ナチズム・社会主義国家での台頭で人の在り方・生き方が問われ、
キリスト教の贖罪としての在り方を否定し、
聖なるものを求め新しい宗教へむけて結成されます。
向かい合う死、生存、エロス、大地ニーチェの教義を取り込み、
人の顕れ方を変えようとします。
それは今の人の種として超えることが不可能であるため、
共有しえない秘密であるようにも思えます。
現実との亀裂 戦争 意識の齟齬 共同体は分裂します。

エロティシズムなどを読んでいて興味があったのでこの本を読みました。
本の表紙のアセファル象も興味を引く要素がありました。
読解にも誤りがあるかも知れませんが、
時間はかかりますが面白く読めました。
解説を読んでからのほうが内容はわかりやすいように思えます。

2006年5月25日 (木)

フィギュア王100

フィギュア王100 100号記念です。
エヴァンゲリオン零号機が付録としてついています。

2006年5月14日 (日)

ダーティペアの大征服

ダーティペアの大征服
ダーティペア・シリーズ〈6〉
高千穂 遙 (著)

今回はヒロイックファンタジーです。
ロバート・E・ハワードに捧げれています。
人気テーマパーク「バーバリアン・エイジ」の中で、
ケイは戦士としてユリは魔法少女として活躍しまくります。
ドラゴンももちろん、いろんなモンスターも出てきてます。
ムギは※頭の戦士に大変身です。
あっという間にお話が進んでいきます。
今回は惑星も壊れません、ていうか・・・

2006年5月11日 (木)

みつえ日記(2)―女子マル秘パソコン事情―

みつえ日記(2)
―女子マル秘パソコン事情―
青木 光恵 (著)
HONWRAコミックス

みつえ日記の第2巻です。
上のマンガと現在の状況の下のダラダラコラムイラストが、
副音声解説みたいで面白いです。

図解 世界の業界地図が一目でわかる本

図解 世界の業界地図が一目でわかる本〈2006年版〉
ビジネスリサーチジャパン (著)

知的生きかた文庫 各業界の関係を解説した本です。
本当に目まぐるしくM&Aで関係が変化していってます。
仕事していても感じます。
すぐ読める内容で、時間はかかりません。

2006年5月10日 (水)

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」
ダン バースタイン (編集)
沖田 樹梨亜 (翻訳)
竹書房文庫

他のダ・ヴィンチ・コードの読本を読んでないのでわかりませんが、
興味をもって読めました。
中立の立場で、各場所の意見等を載せていて判断は読者に委ねています。
最近裁判を起こした著作に関しても載っています。
(裁判はダン・ブラウンの無罪がでています)
この先も結論はつかないと思いますが、
思想/宗教の変遷は面白いです。

目次ダン・ブラウンインタビュー
第1章 秘密結社
第2章 レオナルド・ダ・ヴィンチとその秘密
第3章 失われた福音書
第4章 統合か隠蔽か―真なる唯一の信仰の確立
第5章 マグダラのマリア
第6章 聖なる女性『ダ・ヴィンチ・コード』の真実
『ダ・ヴィンチ・コード』人名録

最近、ユダの福音書の写本解読がされたというニュースがでてました。
そのなかでは、ユダは裏切りでなくキリストの指示を受け開放の
手助けをしてと画かれているそうです。
ダ・ヴィンチ・コードの続編は出版が2007になるみたいです。

2006年5月 9日 (火)

夢幻紳士 冒険活劇篇 2

夢幻紳士 冒険活劇篇 2
高橋 葉介 (著)
ハヤカワコミック文庫

今回のラストは「霧の中の女」です。
依頼主からの立場で物語れています。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa