« 水木版妖怪大戦争 | トップページ | 真相 (追加記事) »

2005年8月26日 (金)

鬼の城伝説

QED 鬼の城伝説
講談社ノベルス
高田 崇史 (著)

QEDシリーズの第9弾です。
QEDは歴史の謎と殺人事件の謎を絡めて展開していく作品です。
第10弾の「熊野の残照」はすでに出ていますが、まだ読んでません。
本編は、岡山が舞台で桃太郎の話などの裏を解いていきます。
虐げられた人/怨みを畏れる人の関係を表出していきます。
これが真実かどうかはわかりませんが、面白く読めました。
事件のほうは、それほど凄い謎ときしてるかんじはありません。
動機に関しては、まぁそうなのかと思うほどで、
実際においても、犯す人本人もわかってないのかと。
周囲も、理解できる理由付けで納得してるようで、そ
の瞬間の間、状況でそれに組み込まれてる気がします。
QEDの歴史謎ときもいいですが、
パズルシリーズのほうもちょっと頭の体操になって面白いです。

« 水木版妖怪大戦争 | トップページ | 真相 (追加記事) »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の城伝説:

« 水木版妖怪大戦争 | トップページ | 真相 (追加記事) »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa