« 主任がゆく5 | トップページ | ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間 »

2005年6月 2日 (木)

DNA

DNA
J.D.ワトソン(著)
青木 薫
講談社ブルーバックス

DNAを発見したワトソン氏がDNAの発見の歴史から、
それに展開する遺伝子工学に纏わる話を書いています。
生命とは何か 病気とは 
遺伝子組み替え食品は安全か
とても面白く 考えさせられ 読めます。
遺伝子工学により、人の未来はどうなるのでしょうか?

各章のタイトルです。
上巻
序 生命の神秘
第一章 遺伝学のはじまり――メンデルからヒトラーまで。
第二章 二重らせん――これが生命だ
第三章 暗号の解読――DNAから生命へ
第四章 神を演じる――カスタマイズされるDNA分子
第五章 DNAと金と薬――バイオテクノロジー
第六章 シリアル箱の中の嵐――遺伝子組み換え農業
第七章 ヒトゲノム――生命のシナリオ
下巻
第八章 ゲノムを読む――今起こりつつある進化
第九章 アフリカに発す――DNAと人類の歴史
第十章 遺伝子の指紋――法廷とDNA
第十一章 病原遺伝子を探して――ヒトの病気の遺伝学
第十二章 病気に挑む――遺伝病の治療の予防
第十三章 私はいったい誰なのか?――氏か育ちか
終章 遺伝子と人類の未来

« 主任がゆく5 | トップページ | ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間 »

BooK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DNA:

« 主任がゆく5 | トップページ | ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間 »

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa