2019年3月24日 (日)

「奇想の系譜展」図録

「奇想の系譜展」図録
拡大表示の図等もあり
詳細を改めて見ることができます。

奇想の系譜展

奇想の系譜展 HP
江戸絵画ミラクルワールド
とても面白かったです。
書籍などで見たものもありますが、
実物を見るとさらに興味深くなります。
屏風仕立てのものは、
折れを計算して立体感や躍動感を出しています。

2019年3月 9日 (土)

解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯

解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
ウェンディ・ムーア 著
矢野 真千子 訳

とても面白かったです。
人・生き物に対し目いっぱい向かった
「実験医学の父」「近代外科学の開祖」と呼ばれる
ジョンハンター氏がいたことを初めて知りました。
人の成り立ちを明かしていくために
数多く解剖していき、
後進のための多くの活動
それらの様子がいきいきと描かれています。


2019年2月11日 (月)

新・北斎展 図録

新・北斎展 HP

解説も興味深く読めます。

新・北斎展

新・北斎展 HP

とても楽しく見れます。

龍虎が並び向かい合う絵は
とても迫力があります。

細部まで多くの線が入れられた絵があると思うと
シンプルに必要最小限の絵もあり
様々な表現を見れます。

版画彫師が北斎の意図を再現する技術は
素晴らしいものがあります。

戦争の起源

戦争の起源
石器時代からアレクサンドロスにいたる戦争の古代史
アーサー・フェリル(著)
鈴木主税 石原 正毅(訳)

戦争の技術を主に
先史時代からアレクサンドロスまでを
ヨーロッパ中東での流れを記述しています。
面白く読めましたが、
中国関連がほぼなく少しだけ片手落ちの
感じがします。


2018年12月 9日 (日)

大浦天主堂

大浦天主堂 HP

協会の中は厳かな雰囲気です。
冊子(28ページ)で歴史が掴めます。

おおあたり

おおあたり
畠中恵
しゃばけシリーズ15(文庫)

 序
 おおあたり (栄吉の少しほろ苦いお話です)
 長崎屋の怪談 (罪を犯した恩人のお話です)
 はてはて (富札に纏わる話です)
 あいしょう (仁吉と佐助の一太郎の出会いのお話です)
 暁を覚えず (藤兵衛 おたえ 一太郎のお話です)

今回も楽しく 少し切なく読めて良かったです。
日々積み重ねで皆過ごしています。
この時は今しかなく 留まりません。 

後書きは
榮太樓總本鋪相談役との対談です。

榮太樓總本鋪 HP


2018年12月 2日 (日)

流浪の皇女

グイン・サーガ144
流浪の皇女
五代ゆう

ヤガは大混乱しますが
一筋の光が差し収束の気配を
見せています。
シルヴィアは再び混沌の
中に取り込まれていきそうです。


2018年11月26日 (月)

ムンク展図録

ムンク展の図録です。
表紙は叫びにしました。

«ムンク展

Ranking

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

VISA

  • visa
    visa